スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失われていく力

手作り麺のスパゲッティ、自家栽培のハーブティー
本日の夕食です。7月末の花火大会の時の木村家でのカフェで、
ここの店長さんにところてんとカキ氷を出してもらうんです。
なので、本日はその打ち合わせです。

そして、木村家ではアートイベントらしく、写真展もやることに。
それは、某FM局のアナウンサーの人、で、その人と
さっきのお店のお客さんなんだけど、木村家のカキ氷とかを
手伝ってくれる学生の男の子と、うちの子分Yと私で、
会場となる木村家で打ち合わせをしました。

新しい人たちと出会うのは楽しいですね。

写真展の人は、四国88箇所の写真を
自家製ピンホール写真機で、とったものの写真展。
ピンホール写真って、深いよ~。
天気の違いが光量に差をもたらすんです。
シャッター速度?が違うみたいなもんやね。
曇りの日だと4分、5分なんて時もあるんだって。
遠くまで写真を撮りに行って、光が多すぎたり少なすぎたり、
全滅の日もあるそうです。

ファインダーがなくて、できあがりは想像の領域、
光にさらしておく時間も勘(まあ普通の写真も勘だけどね)
現像して出てきたものは、予期せぬ表情を見せているときも。

デジカメでお手軽にとるカメラもそ便利でいいけれど、
こういう「想像」に挑戦していくことが、
自分の感性や直観、対象に対する洞察力を鍛えていく気がしました。

便利になって失われていく力ってたくさんありそうですね。
スポンサーサイト

考えることは面倒?

ただいまあ、7月末に古民家でのカフェをやるんですが、
今回は、AAFのイベントに入れてもらってるので、
その会議に子分Yと一緒に行ってきて、
やっと帰ってまいりました。
うちらも早く宣伝をできるように企画立てなきゃ。
その思いを強くして帰ってまいりました。

で、今日の昼間、とある高校の先生とお話をしてたんですが、
今の高校3年生がゆとり教育第一号の子どもたちなんですね。
その高校の先生は、はっきりとおっしゃってました。
明らかに基礎能力が低くて、その上におとなしいのだと。

以前なら、規則などにも反発する子や意見をいう子がいたけれど、
言われたことはきちんと守るんだそうです。
たとえば、ベルトは黒か茶色の無地しかダメと決まれば、
次の日からみんなそれに従ってくる。
いや、規則を守るのは大切ですけれど、
自分の頭でそのいい悪いを考えずに、無批判で受け入れるのは、
扱いやすいけれど、とっても危険ですよね。
考えることを面倒だと思っちゃったら恐ろしい。
考えることの面白さ、楽しさ、生きている実感。
自分らしさの表出は、自分で考えることではじめて出てくる。
「我思うゆえに我あり」ってね。

ところが、他人との軋轢から身を守るために
自己主張すらせず、従順に従う。あるいは、
他人との軋轢から身を守るために
自分の世界だけにとどまり、自分の創造したイメージの中だけで生きる。
引きこもり?

「自分で生きる力が失われてる」と、
その先生は言われましたが、へっ???
ゆとり教育って生きる力を育てるんじゃなかったっけ?
教育は蓄積だからなあ、時間がかかるからなあ。
生きる力、取り戻さなきゃね。

大ボスは語りが熱い

明日は大黒座の周辺でカフェやります。
今日の午前の仕事は大ボスのおかげでなかなかいい感じで
行うことができました。この大ボスは語りが熱いんですよ。
なんか、ハートがあるというか、グっときますねえ。
私は、ついつい早口になりがちなんで、反省せねばな。

次の仕事に行かなくてはいかなくって
最後が放ったらかしになってしまいましたが、
子分たちがしっかりやってくれたでしょう。きっと。

そして、午後の仕事は、幸いなことに、
8団体のうちの1団体が取り下げてくれたおかげで、
考えていたよりはスムーズに事が運びました。
まあ、私の睡眠を奪っていたコトにやっとケリがついた。

大黒座で川瀬歌舞伎

大黒座のカフェはなかなか予測どおりには行きませんでした。
今回はアイスだったんだけど、今日はあいにくの降ったり止んだり
しかも、メインは川瀬歌舞伎なんだけど、
入場料に甘酒かジュースのサービスが付いてたのでモロカブリ。

大黒座ってのは、大正十二年に建築された元酒蔵で
酒蔵としては、1年しか使われず、
その後、すぐ芝居小屋になった建物です。
昨年、修復されて、今は様々な出し物で活用中の建物なんです。

で、蔵なので、開口部はわずかしかないんだけど、
やっぱり人がいっぱい入ると(200人以上は入ってた)
熱気でムンムン。人によっては「涼しいね」って人もいたけど。
芝居終わりは、少しは出るかなと思ったけど、ボチボチだった。

やっぱり、イベント全体を把握してカフェの想定をしないと、
ダメだな。でもね、こういうものの常で、あちこちの
団体がボランティア的に手弁当でやるものだから、
その中での連携もなかなかとれなかったりするんだよね。

さてさて、それで肝心の歌舞伎ですけど。
面白かった~♪ 筋書きの書いてあるちらしがなかったら
物語は全然わからないけどね。

最初の頃はあの黒い偉そうな男の人(登場人物)は誰だ?
ってので、うちらの仲間で盛り上がってました。
この人が、まあ主役なんだけど、
さすがに主役はよかったな。所作が主役っぽい感じ。
ただね、やっぱり役者は声だね。声がイマイチなんだよなあ。
主役はともかく、女形の人の声がちょっとなあ。
って思ったのでした。
でも、おひねり飛び交い盛り上がってましたが。
主役の人の冠に羽みたいなのがついてて、
それが歌舞伎風に頭を振るたびに、フニフニ動いて
それがすごい面白かった。

あっ、ちなみに出し物は、
「三国伝来玉藻前 旭袂三段目 道春館の場」でした。
いやはや、みんながみんな他人のことを思いやるいい話やったわ。
主役なんて、最初は悪人やったのに、情にほだされて、
でも、どうせやったら、娘の首を刎ねる前に、盗んだ刀を
母親に返して、自分はさすらいの旅にでも出りゃいいのに。
って筋を知らない人には、さっぱりぱりな話ですよね。

夜のお仕事

6月14日は夜に会議が2つ重なったのでした。
1つは、うちの地元で生まれた歌がCDと絵本になったやつ
ですが、今度は写真と言葉を募集して、
作り手と読み手のコラボレーションをしようってのを
やります。

もう1この会議はサークルの子分に行ってもらって、
私は遅れていったんだけど、アサヒアートフェスティバルとして
うちの地元でいろんなことをやるんですが、その会議。
こっちは、うちのサークルも参加させてもらいます。
が、基本的には昨年やったこととそう変わらないので楽かな。
子分は、この日のために名刺もつくって、人の輪を
広げるべくがんばり中です。

名刺は他の子分たちにもつくらせたんだけど、
わりと、キャラクター系の子が多いね。
キャラクターといえば、今度、上で書いた委員会で
写真を募集するじゃないですか、そのとき、写真の中に、
商標登録されているようなディズニーのキャラクターとかが
メインで写っていると、その写真はつかえないし、
人が写っていても、その人の肖像権が発生するし、
権利というのは、なかなかややこしい話なのでした。

たかちゃんは、よく毎日10時まで舞台やってるよな。
エライ! 私は、最近、夜はすっかりくたびれてます。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © マツタコA All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。