スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私も勇気を出していれば

先ほど、家に帰ってきて、録画していた
ブレイブストーリーの番宣をみました。
たかちゃんがインタビューに答えていて、
「舞台で、最初に出て行くときにとても勇気がいる」
って話をしてました。

私も今朝、勇気出して、傘をあげちゃえばよかったな。
動きが早いんだもん、思考がついていかない。
追いかけるのもなんだし、でもぬれまくってるし、
あれは、かなり濡れちゃったぞ。
バカだな、私は、その後、近所の店で遅い朝食を
とりながら、30分くらい後悔していた私。
いや、放心状態だったともいうかも(^^;

さて、昨日はメタルマクベスを観たわけですが、
そんなに私、辛口なこと言ってるかなあ、とへこんでみたり、
友達にお芝居のことで辛口なことを言われてへこんでみたり、
もちろん、友達もとても楽しんではくれたみたいですが。
まあ、私がへこむってことは、たかちゃんなんかは、
もっとへこむんだろうな。。。A型だしな。
どこで目にして耳にするかわからないから、
やっぱり、辛口っぽいことは言わないようにしようかとか、
思ってみたり。。。

でね、赤いミキマウスのトレーナー扱いされた赤いアロハですけどね。
あれは、ちゃんとコンセプトがあるんですよ。
で、マジで役に立つんですよ。

今回、私は二組の人たちをお芝居に誘ったわけです。
で、某彼女も某彼女も、2人ともちょっとボケてるんです。視野も狭いんです。
だから、赤い服だと目立つでしょ。迷子にならないでしょ。

実際にね、そのうち一人は幕間にトイレに要領悪く行っててですね。
2幕はじまるギリギリになって帰って来ました。
「あっ、帰って来た。間に合ってよかった」と思ってたら、
全然違う座席に向かったんです。でも、彼女は言ってたもんね、
席を間違ったけど、赤い服が見えたんですぐにわかったって。
ね、マジでボケた人と行動するときの生活の知恵なんですよ。

それから、昨日、ブレイブストーリーを豚の映画扱いした
もう一人の彼女は、今日も絶好調でしたね。
東急ハンズを待ち合わせにして、久しぶりの共通の知人と
お昼ごはんをともにしたんですが、ここでは、まともだったんですよ。
大学のときの後輩なんで、プライベートをよく知ってるわけじゃないんで、
共通の話題というと、こうなるのか、とは後で思いましたけど。
ランチの話題が、建築確認申請のあり方みたいな話なんですよ。
しゃべりながら、久しぶりに会って、自分らのことじゃないんだ、
って何かおもしろかった。

あっ、絶好調の彼女の話でしたね、話を戻してっと。
今日は万博公園に太陽の塔を見に行ったんですよ。
私は、去年たかちゃんが参加したライブで久しぶりに行った
ばかりだったんですけどね。太陽の塔はほんとカッコイイよね。

で、その万博公園でパットゴルフの無料体験をしました。
あんなに、普通にしかも何度も空振りをして絵になる人は
はじめてみました。いいなあ、天然であんなことができて。

しかもですね。黄色とピンクと白のボールを
人によって色を変えて使ってたわけですが、
彼女はピンクのボールの人なのに、私の黄色のボールを打とうとした。
いいなあ、あんなに天然にボケられる人。うらやましい。

ということで、非常に楽しかったのでした。
スポンサーサイト

週末のために

うーん、過去の感想とかでアップしてないのが
いっぱいあるんだよな、書きたくなってきた。
でも、今日は今から仕事をするのだ。

週末にまあ珍しくもなく青山に行くわけですが、
今回は、表参道ヒルズがオープンしてから行ってないので、
行きます。建設中は何度も見に行ったんですけどね。
それで、ああいうお洒落な通りはですね。
新しい建築も多いんで、そのチェックもしておいて、
夏に一緒に行く人たちのために資料をつくる予定なんです。
それを今からやって、週末に確認してきます。

松本周辺

5月5日の子供の日は、
朝から電車で日本浮世絵博物館に行きました。
今回、特集で展示をしていたのが国貞っていう人の
作品だったのですが、展示の解説が着物の柄の文様とかで
これがすごく面白かったんです。

「カマの絵 ○(輪) ぬ」の並びで「かまわぬ」と読ませたり、
蝶の模様が描いてあるのは、蝶がsoul animalだからであったり、
あっそうそう、蝙蝠って福の意味があるから縁起物の模様として
使われるって話を前にしてたかと思うのですが、
「蝙蝠隈」ってのがあってね、歌舞伎役者の隈取が、
5匹の蝙蝠の模様を使ってしてあるんです。
この蝙蝠隈は人物の悪の部分を現しているらしく、
蝙蝠は悪いイメージとしても使われているようでした。

あと、大津絵の中の「鬼の寒念仏」もみました。
僧の姿をしている鬼が念仏を唱えて布施を乞うて歩いている様子を
描いているんですが、外見はお坊さんなのに中身は悪そうな顔の鬼なんです。
鬼であることは「慈悲のない心」を表し、彼が僧の姿をしていることで、
「形だけの善行で偽善をなす人」を例えているのだそうです。

本当にね、すごく面白かったのでした。
それで午後は旧開智学校へ行きました。
擬洋風の建築なんですが、決して洋風のニセモノっていうわけでは
ないんです。展示物の中にこの建築を建てた棟梁・立石清重が、
この建物を建てるにあたって、私費で東京へ視察に行き、
たくさんの洋風の建物のデザインをスケッチしてきて、
それをもとに意匠を決めて日本の建築の建て方で建てているんです。
だから、もちろん木造ですし、石を積んだ姿に見えるように
わざと漆喰で石に似せた姿を木造の壁につくったりしているのです。
それが逆にデザインとして成り立っているんですよね。
何かをモデルにしていても寄せ集めではなくて、
ちゃんと自分の中で消化して全体の中で再構築できている、
それが素晴らしいと思います。

スタイルの良さっていうのは比率じゃないですか。
ちょっと関係ないんですが、なんでも自分でやらないと
身につかないと思うのですが、たとえばこの美しい比率
ってものを見出していこうと思ったら、
これも「まずやる」だろうということで、
粘土で「自分が美しいと思うスタイルで塔をつくる」ってのを
試してみようかなと思ってます。
それで、その後に実在するプロポーションが素晴らしい塔の例を
紹介してみようかなと。
「粘土王国」見てて思いついたんですけどね(^^;

5月6日の日は、朝から穂高・安曇野まで行ってきました。
どちらも漢字で書いてもきれいな名前ですよね。
ちなみに読みはHOTAKA・AZUMINOですよ。
天気もいいのでサイクリング。
てっぺんに雪を抱いている北アルプスを遠くに眺め、
近くには田園風景を眺めながら走るのは本当に気持ちよかった。

全部書いてると大変

今は松本のホテルにいます。
今日も盛りだくさんで充実した日でしたね。

朝から温泉街を散歩して、外湯に一個だけ入りました。
150円ですよ。150円。安い。
確か白浜でも250円とか300円とかしたと思う。
温泉の成分も濃い感じで、隣町まで温泉くさかったんだけど、
これはどういうことなんだろう。
そういえば、昨日の夕食は薬膳が少しだけ出て、
う~~ん、健康に良いらしいから食べたけどおいしくはなかったな。

それから、朝ごはんを食べて、塩田平へ。
ここはむっちゃおすすめですよ。
風景がね、すごく和む。
長野のこのあたりのお寺ってすごくいいですね。
最初に行った中禅寺は、中部最古(鎌倉初期)の薬師堂が見所なんだけど、
茅葺ですごくかわいい感じなんです。
でもね、なんといっても、周りがいいんですよ。
桜と緑の中に建ってて、しかもなんと石庭まである。
だけど、その庭につくしやたんぽぽが若干生えちゃってて、
それがまた綺麗すぎない感じで素朴でいいんですよ。
この調子で書いてたらむっちゃくちゃ長くなるな、
だってその隣の塩野神社もね、太鼓橋をわたって参拝する社の方に
行くんだけど、これがまたおみこしみたいな建物でした。
その後は、あじさいの咲いていないあじさい小径というどうみても
山道を通って、前山寺へ。
ここの本殿は玄関の部分の茅葺屋根のところに「水」という文字が
刈ってあるんですよ。こんなのははじめてみました。
水はもちろん火事になりませんようにってことです。
前山寺は、山の前に寺があるから前山寺なんですが、
その山というのが独鈷山(とっこやま)。かわいい名前です。
独鈷っていう仏具がなんでも山に埋まってるらしい。
誰が埋めたかも伝承があったと思うけど、忘れました。
ここの三重塔は貫が出てて、なんと未完成なんですよ。
だけど、それでもそれがデザインとなって美しい。そんな塔でした。

その後は上田市へ。上田城跡へ行ったら、たまたま櫓と櫓門を
公開していたので、そこに入りましたが、面白いと思ったのは、
その櫓、一度昔に払い下げられて、移築されて、
遊郭となっていたものなんです。
それを再度、お城のもとの位置に移築し直したという代物。
もちろん、遊郭時代の痕跡は影も形もありませんでした。
その後、山本鼎記念館と上田市立博物館へ。
山本鼎ってはじめて聞いた名前ですが、
小学校の自由画教育をすすめた人らしく、
そのほかには農民美術というものを普及させたんだそうです。
冬の間、ひまになる農民がその間にやれる副業?として、
はじまったようですが、今は専業で工芸品等をつくる人が
ほとんどなんだそうです。博物館の方は真田幸村らへんの話が
印象的だったかな。

まだまだ、行きます。
その後は、食事に行く途中で石井鶴三美術館の前を通ったんだけど、
なんか修復に失敗したみたいな違和感のある建物でした。
ピンクの屋根なんだよ・・・あれはないやろ。

で、食事するつもりだった刀屋さんは、
店の前に並ぶ人々を見て、すぐあきらめました。
もともと馬肉うどんとか馬肉そばとかいうものを食べたかった
だけなので、もう一個の候補の店なかむら屋に行きました。
馬肉うどん、なかなかおいしかったですよ。
おつゆは甘い感じだったかな。

それで、城跡近くの駐車場まで歩いて戻って、一路、海野宿へ。
海野宿は重要伝統的建造物群保存地区ですよ。
「重要」ってついてるやつは、国が選定した保存地区なので
ちょっとグレードが高い感じなんですが、
この町は、驚くほどなかなか見事に残ってました。
また、これだけ一直線に長く見通せる感じで残っているところも
少ないんじゃないかな。だから、よけいに整ってる感じがする。
そして、人が住んでるんですよね。
ただ、これは若干の資料館とか店とかやってる建物に入って
裏を見た上で感じたのですが、おそらく今は外観に近い部分だけが、
残ってて、奥の方は改築または増築されているか、
あるいは、敷地の奥に現代生活に適応した家を新築してるか、
そんな感じで住んでいるところが多いように思いました。
ほとんどの建物が店をやっているわけではなくて、
意外と店をやっている建物が少なくて、やっていても、
中をのぞいたら店をやってる。って雰囲気がまた
うるさすぎなくていい感じでした。
それと、道が意外と広いんですよね。そして、真ん中じゃなくて、
ちょっとずれて水路が通っている。
それも、あんまり見た事ない感じだったかな。

まだ、あるんですよ。
松本に帰って来て、馬場家住宅まで行きました。
去年の2月に行こうと思ってたんだけど、
休館日だったんでいけなかったんですよね。
これは、本棟造りの建物でね。この建物の一番の魅力はやっぱり
外観だろうなあ。

ついでだから、夕食のことも。
スパゲッティとか食べたんだけど、ヘンな店でした。
自分家の息子とか孫娘とかだと思うんだけど、
そういう名前がメニューについてるのはいいとしても。。。
映画のちらしの一部をいじって、孫娘とかがその写真の中に
入りこんでるんですよね。それがいっぱい飾ってある。
しかも、メニューにも載ってる。
たとえばね、「Always3丁目の夕日」ならぬ「Always3丁目のひかり」
で、映画のちらしの中にたぶん孫娘が犬と一緒に写ってた。
それから、スターウォーズエピソード1のちらしの中にも
あの剣をもって孫娘が一緒に写ってたし、
レオンの小娘のところに、孫娘が写ってたし、
ってそんな感じでございました。

もう、終わっておこう。
明日は、いよいよお芝居です。
私は観るだけですけどね(^^;

腹八分目にしとうこうね

私はただいまお腹がいっぱいではちきれそうです。
別所温泉の温泉宿にいるんですが、
温泉宿って食事が豪勢じゃないですか。
やめとけばいいのに、無理して食べるからあとがしんどくって。
といっても、大分残しちゃったんですけどね。
昼にお蕎麦を食べすぎたから。

お昼間は常楽寺の石造の多宝塔、
これは両脇の十三層ぐらいの塔と合わせて小ぶりサイズで
かわいいの(^^)その近くに石造の多宝塔がお墓の前に
ずら~っと並んでました。そっちはかなり傷んでまして、
私は供養のために建てたんだろうなあって思うんだけど、
友人は無縁仏じゃないかと言っておりました。

その後、メインの安楽寺の八角塔を見ましたが、
これもこぎれいな感じで非常に美しい建物。
鎌倉後期らしいのですが、私の中で鎌倉時代といえば、
東大寺の南大門にある運慶・快慶作?の仁王像の
勇壮な感じのイメージなんです。
だから、小さくて瀟洒で優美なイメージのこの塔は
とても美しかった。
組物も一つ一つが小さくて、でも八角形だから大量にあって。
それがごちゃごちゃしてないんですよ。
写真で観るよりずーっとよかった。
で、よく観ると尾垂木の先が結構折れてて傷んでいるんですよ。
まあ、あそこは折れてても、構造にはそう影響はないと
私は思うんですけど、本当の専門家の方からしたらどうなんでしょうね?

もう一個、ちょっと離れたところにある大宝寺の三重塔も
観に行きました。これもね、鎌倉の終わりなんだけど、
やっぱり素朴で美しくて落ち着きがあって。
両塔ともなんだけど、ロケーションがまたいいんですよね。
木立の中に建っている。平地のお寺にはない魅力でした。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © マツタコA All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。