スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きていたかったというオモイ

もうすぐ観に行くし、と思って、
最後のセリフを見直そうと文学界を眺めてたら、
またまた、いろいろ思いが湧いてきて、
最後から最初へと逆向きのへんな読み方をしてしまいました。

アメリカに憧れていたヤマト、
アメリカに認められたかったマッサーカー
この世の天国アメリカを夢見て、自由を求めた若者たちは、
自由を与えますとやってきたアメリカに殺されました。
原爆を使ってみたかったアメリカに殺されました。
おかげで、世界は核兵器の悲惨さを語れます。

「復讐心」には、すべてが含まれているらしい。
敬いの心も愛する心も、すべてが。
この間は「復讐」と言われてビビりました。
その言葉を身体が拒否しました。
復讐の念は、敬いの心や愛する心を踏みにじった相手に向かう。
愛が深ければ深いほど、復讐の念は強くなる。

だったら、復讐に至らないのは、愛の心が浅いから?
殺された愛していた人よりも、自分の方を愛しているから?
原爆を落とされても復讐心が芽生えないのは・・・
自分は生きているから? 他の人の死は自分には関係ないから?

生き残った人は、生きつづけなければならない。
未来に生き延びるためには、強いものにへつらい、
新しい世の中に慣れる知恵が必要だ。
時間を知った以上は、やがて死を迎えるその日まで
明日へ、明日へと生きつづけなければならない。
そして、慣れて忘れてしまう。自分の中に潜む過去を。
自分に嘘をついたことを。

死んだ人間は自由に語れる。本当のことを語れる。
生きつづけなくてもいいから。
でも、死んだ人は生きていたかったと思う。
生きていたかったことを代わりに叫んであげなくちゃ。

「生きていたかったというオモイ」それを背負ってしまった富士
「生きていたかったというオモイ」は復讐によって報われるのだろうか?
復讐によってしか「愛」や「敬い」を示せないのだろうか?
復讐の念は、さらなる復讐の念を生むだけだ、とは思う。
でも、愛を奪った相手に、愛を与えることが果たしてできるのか?
目をつぶされたら、目をつぶし返さないと理解できないのだろうか?
右の頬を打たれたら、左の頬を出したのでは、通じないのだろうか?
右の腕をもがれたら、左の腕も差し出す勇気があるだろうか?
スポンサーサイト

朝日天声人語

天声人語にかかれていた
「科学者たちは開発を続け、核兵器を完成させた。
彼らを駆り立てたのはナチスが先に原爆を完成させたら、
ヒトラーがそれを手にしたらという恐怖からだったと言われる。」

ただ、今の世で核兵器を使えば自滅です。
だから、なんとなく使わないだろうと思える。
だから、希望的観測で平静を保ってられる。

数日前に特派員メモを読んだ。
イラクのバグダットでは、強盗団が横行しているらしい。
アメリカは自由をもたらしてなどいない。
おそらくイラクは他の国と同様、金持ちと貧乏人の二極構造だったのだろう。

当然、フセイン政権下では、抑圧されていた人がいる。
その人たちは、自由もどきを手に入れたかも知れない。
でも、アメリカがもたらしたものは、破壊。
今、バグダットは無秩序である。
誰が、秩序を回復させるのか? 破壊者アメリカか?

そういえば、核で相手国に被害を加えようとすれば、
原子力発電所を爆破すればいいんだよね。
簡単なことだ。

一番怖いのはヒトゴト?

私、大阪は1回しか行けないの(;;)
東京はあと2回、GWと楽。もっと行きたかったし、
1度観てからその思いはますます強くなってるんだけど、
忙しくて、GWもかなり無理して行きます。

復讐心(憤り)さえ芽生えない無関心・・・
でも、今日も私は平和に過ごしてしまう。

一番怖いのはヒトゴト?

原爆で死んだ未練たらたらの人たち

さて、戯曲をちゃんと作品として読もうと思い直したら
今度は、一度、観た後なもんだから、
先に後で何がでてくるか知ってるから
あっ、これってそういう意味だったのかも?
っていうのが出てきて
またまた、なかなか読み進められない。

で、まだ、少ししか読んでないんですけど。
いまさらながら、気づきましたが、
あの登場人物たちの半分ぐらい
えっと、DJと占領軍の人たちと、ヤマトとやみいちとは、
広島の原爆で死んだ未練たらたらの人たちだったんですね。

読書がすすまない(^^;

観てから読もうと思っていた戯曲を、
やっと時間が少しあったので読み出しました。
そしたら、読めない。全然、読み進められないんです。
ちょっと読んだらすぐにそこに書かれている物語の中の関係性を
現実の自分や日本や世界を取り巻く関係性に置き換えて
考え出してしまって、いつまでたっても読み終えられない(^^;

で、思ったんですけど、私は結局、きちんと作品を観てなかったんだなと。
なんか、いろいろと考えさせられる芝居ではあるんですが、
観劇中にも、読書中と同じように、現実に思考が戻っていて、
作品の世界、芝居の世界にのめりこんでなかった気がします。
芝居の見方は人それぞれ好きにしてていいと思うのですが、
私は、その作品の世界に入り込みたいほうなので、
「しまった!」って感じです。

もったいない見方をしてしまったなあと。
やっぱりタイムリーすぎるんですよね。
だから、結局、物語をちゃんと感じてないから、
富士の復讐心もヤマトの執着心も、
中途半端にしか感じられなかった(T_T)
次、行くときは思いっきりボケボケ観よう。

自分のことしか考えない

私、登場人物たちって、
みんな自分のことしか考えてない感じがしたんですよ。
でも、富士だけは、
(未練残して)死んでいった他の人の声が聞こえるから、
その人たちの思いを一緒に背負っちゃってる。

自分のことしか考えないってのは、
原始的には人間ってむしろそうなんじゃないかな?
そして、そういう人間は無邪気でほわほわと仲良しで、
でも邪魔になったらナクシテしまう。良心の呵責を感じもせずに・・・。

古代の話を見てて、そんな感じがしました。
でも、それがダメだというのは、文明の進歩の中で学習したんじゃないかと。

舞台上の「影」

舞台の上には「影」がたくさん焼きついていたらしいです。
だけど、残念ながら、私にはその「影」が見えなかった。
でも、最後の方は、原爆資料館を出てきたときの
あの息苦しさを思い出した。中学生の時です。
そこには、ただただ事実の羅列があるだけでした。

大人になってから、私、韓国人の友人に
絶対見た方がいいと言ったんですが、
彼女は「絶対嫌だ」と抵抗して、結局見ませんでした。
事実の羅列ほどそら恐ろしいものはありません。
見たことのない人はぜひ一度体験してください。
原爆の悲惨さを少しでも感じて欲しいです。全世界の人に。

真っ白で観て欲しい芝居

楽しくて、面白くて、でも終ってからは常日頃封印している
いろいろな思いを改めて考えさせられてしまう。
観終わってからいろいろな思いが想起する。「オイル」はそんな芝居です。
ただ色々ともっと考えたいのに、考える余裕がない。
日常に追われてしまうのは、ある意味、幸せかもしれないですね。

これから観る人は、誰の感想も読まずに観るのがいい芝居だと思います。
もちろん松さんのここがよかったとか、あそこがよかったとか
そういう感想なら読んでもいいかも知れません。
でも、あの芝居から自分が何を感じたかという感想は、
たとえネタバレになってなかったとしても、
観る前に読んで欲しくないんですよね。
うっかりでも、人の感じたことを読んでしまうと、
本来、その人自身が芝居から感じ取らなければならないものを
汚してしまうような気がするんです。
だから、真っ白で観て欲しいです。

戯曲は読んでよくても、舞台から何が吹き出てくるかは、
その人自身の知性と感性のままゆだねられるべきだと思える芝居なんです。

どういうのを「演劇」というのかは、よくわからないのですが、
というか、ものすごくただの思いつきのいい加減なことを言いますが、

たとえば、シェークスピアの芝居も
上演することを目的に本を書いているという点では同じだと思います。
でも、シェークスピアの芝居は、その本や言葉を芝居が超えることはない
そんな気がするんです。だけど、NODAさんの芝居って、
本や言葉では、メッセージを完結させずにいて、
それをパフォーマンスにすることによってもまだまだ完結させずにいて、
そこに観客一個人が加わることによって、
やっとその観客一人の中で実を結ぶようなそんな感じがします。

要するに、何が言いたいかというと、
立ち見でもいいから観に行け、ということです。

復讐・・・怖

「オイル」のネタバレしてます。


富士さんってむちゃくちゃ難しい役ですね。
あんな役よくやれるなあ、松さん。
あのプレッシャーでズルをしてしまう話って、
明治だったかいつだったか忘れましたが、
透視能力のあった女の人のエピソードですよね。
どこまでが本当なのかわからず、その判断は観る人にゆだねられてる。

古代の話のほうは、よくわかりませんでした。
「老いる」は一人の人間の時間の流れ「老いる」のみでなく、
古代から続く歴史、時間の流れの蓄積「オイル」。
「老いる」は未来を意識すること。
ところが、今を生きる人たちは、今の問題を未来の問題へと先送りする。

第二次世界大戦も考え直したいんですが、でももう今日はダメだす。
風邪ひいちゃって考える体力に不足してるので、寝ます。

オイル湧き上がった思い

世界は一つではなく、

民も国も一つ一つ違っている。
世界の平和はその一つ一つのバランスの中で保たれている。
それが共存していくために、ユニオン(連合体)がつくられ、
そこに不公平のないようにルールがつくられる。
でも、ユニオンも、ルールも未完成であり、不満がうずまき、
既存のユニオンのルールに従わないものが出てくる。
一つ一つの国は、共存のための道を探り、
同じ星に住む民の誰の命をも犠牲にしないことを目指す、
べきでありながら、対立が起こり、ルールは簡単に破られる。

「オイル」の奪い合い、そして誰かの命が奪われる。

私は基本的に戦争は絶対反対です。それは、
話し合いで解決することのできない非常に強権的で未熟なやり方。
仕掛けるほう、仕掛けられるほう共にです。だけど、
もはや話し合いでは解決できないと判断せざるを得なくなったとき、
どれだけ、理解し理解されようとしても言葉ではわかりあえない、
そのとき、私たちはどうすればよいのでしょうか。

それでも、相手が殺戮という行為を行っていないならば、
どれだけ長い時間がかかっても平和的な解決方法を探るでしょう。
でも、もっとも武力を持つ国アメリカは簡単に武力を使います。

「話し合いでは解決できないこと」の解決策が、
武力による威嚇や攻撃で相手を屈服させることであるのは、
あまりにも悲しく未熟です。
たとえ傷ついても私は絶対にそれを選択したくはない。

でも、それで愛すべき人たちを、守らなければならない人たちを守れるのか。
もし、自分の愛する人たちの命が奪われるとなったとき、
私たちは、どうすればよいのか、その答えは怖くて考えることができない。
そして、私はその問いから逃げるんです。

富士は弟の命が奪われたことを知っていた。だから復讐を選択した。
私が逃げている答え、某国がテロへの報復として出した答えを選択した。
しかし、それは世界ユニオンのためではなく、たった一つの国のため。
別の国は、世界を支配するのは武力だと悟り、さらに人々を武力に向かわせる。

どこかに武器があり、大量殺戮のできる兵器がある限り、
それを、反社会的な人が使う可能性がある限り、
人は自分と愛する人を守るために武器を捨てることができなくなる。
そして、もっとも武力を持つ国が強権を持つ。

武力による支配は間違っていると思いながらも、
今の世界ユニオンと世界のルールの中でそれを否定することができるの?

それでも戦争反対を唱えることは、地球人としての義務だと思います。
同じ星の住人の誰かが犠牲になる。それを許してはいけないと思う。

全ての人が人の命を奪うことがいけないことだと思えるようになれば、
戦争はなくなるはず。それは、国のレベルではなく、
民衆のレベルで一人一人に伝えていくしか方法はない。
でも、それは見果てぬ夢なのか。

オイル最初の印象

「オイル」観に行きました。野田さんの舞台をはじめて観ました。
私はNODA・MAPはもっと難しいのだとばかり思っていました。
でも、違ってました。エンターテイメントでした。
テーマは深いんだけど、演劇は軽い。

たかちゃんは(他キャストも)ものすごい運動量でした。
すごい汗。ちょっとびっくりしました。
体調悪いのかと思うぐらい・・・大丈夫だといいけど。とにかく、お疲れ様。

TOPが変わることで変節するDJが、あまりに現実的でわかりやすいのに比べ、
富士の復讐心は浅く、ヤマトの命への執着も薄い、それは夢であったがゆえか。
富士のトランスの程度も低い。それは真が嘘かあいまいであるがゆえか。

面白かったけれど、残念ながら作品に衝撃は受けませんでした。
今の時期、自分は今回の戦争に対してどう考えるのか、
多くの人が考えていたでしょう。
「オイル」で語られるものは、すでに現実の中で突きつけられていて、
自分の考えを「オイル」の中で復唱しつつ、観ていました。

おそらく、戦争について私と異なった見解を持つ人も、
その自分の考えを復唱しつつ観たのではないでしょうか。
すでに、考えていたことであったために、衝撃はすごく薄くなった。
けれど、劇を観終わった後の友人とのおしゃべりは、
いつしか、劇の内容を通り越して「戦争と平和」・・・
大げさなタイトル(^^;
いや、実は、友人とモメモメに話して、疲れました。
たった二人でも言葉で分かり合うのって本当に難しいっス。

その話は、また明日。

明日は初日。私ももうすぐ(^^)

いよいよ、明日、初日。
もうドキドキしっぱなしです。
初日はさすがに平日なので行けないのですが次の日に観に行きます



今回は、できるだけ情報なしの真っ白な状態で観ようと
心に誓っています。
野田さんの芝居は観たことがないので、まずそれがすごく楽しみ。
野田ワールドの松たか子、野田ワールドを知らないので、
推測のしようがないのに、なぜか、ものすごく期待してるんですよ

ね。

松さ~ん♪期待してるよん(^^)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © マツタコA All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。