スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赦してもらえない罪

毎週木曜日はくたくたになります。
今日は〆切がありました。
といっても私ではなくて、私はその〆切日に
提出されるかを確認するほうです。

一応、18時が〆切だったんだけど、
私、意外と優しいから21時まで待ってあげた。

今日はとある○秘会議もあったんだけど、
そこではじめてファイルにパスワードを設定する方法を知りました。
で、帰って来たら、某新聞の夕刊にたかちゃんが載ってると
犬様が掲示板で教えてくれたので読んできました。

いよいよですね。「贋作・罪と罰」。
罪の意識かあ、
私ねえ、本当の意味で罪を反省したら
ものすごく辛いはずだと思うし、
もしそれが殺人という罪なら、その罪に対する
贖罪は死しかないと思うんじゃないかと思うんだけど。
だけど、罪を犯した人間が死んだからといって
すでに殺してしまった人は帰っては来ない。
罪を許してもらわなければならない対象者は、
すでに自らが葬ってしまっている。
赦しは得られない。この事実を理解したとき
贖罪は死しかないと思うと思う。

だけれどもたとえ死んでも殺した人は帰っては来ない。
死すらも贖罪にならない。
何か他の贖罪の方法はあるのか?

今日、少女を殺したペルー人は自白をしたらしいけど、
犯人が捕まったからといって少女は帰って来ない。
私はこのペルー人の殺人の動機がとても気になってる。
なんというか、現代によくある異常者の犯罪とは違う気が
なんとなくだけどするんだよね。

少女の何かの言動が引きがねになって、
その一瞬だけ判断がつかなくなったんじゃないだろうか。

常に異常な人はおそらく反省はしない。
反省してるって言っても反省にならない。
だけど、このペルー人は反省するんじゃないだろか。

情報のまったくない状態で書いてるんであくまで勘です。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © マツタコA All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。