スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国どこも一緒?

市町村の広域合併をして10万人以上の都市となった
○○市を案内してもらいました。案内と言っても、
名所旧跡をめぐるっていうんじゃなくて、
都市計画地図を見せられて、
都市計画で○○地域って決められている地域が
実際どんなところなのかっていうのと、
ここんとこの市街地化の状況というか、そんな説明です。

歩いたりすることが多いかな、と
動きやすい服装で行ったのですが、ほぼ車での移動。
地方都市ってのは、車社会だなと痛感。

広域合併されたので、もともとの4つの市町村の
それぞれの市街地があって、市庁舎のある町だけは、
この町はこんな町です、という独自の魅力があったんだけど、
残り3つの市街地は・・・独自性が薄く、商店街も力なく、
その中の区画整理が成功したという一つの市街地は、
大きな道路沿いは郊外型大型店舗群が集まり、
中に入ると住宅地というスタイル。
この町たちは、どう発達しようとしてるんだろう?
人口が増加していく時代でもないのに・・・
全然別のいろいろな町の例を模式化してみたら、
何か見えてくるような気もする。

たとえば、江戸なら江戸城と東京湾をまず書いて、
そこからこのヘンは町人の集積地(今の銀座らへん)、
このあたりは武士の住んでたとこ、とかって感じで、
町の構成を図にしてみるってことね。
まあ、それをコントロールするのが都市計画なわけだけど。

平成の大合併、広域の合併って金と体力の無い市町村の
生き残りのための必然でもあるわけで、
財源移譲はないけど、地方の自己責任を推し進められる中、
スリム化、効率化が図られるため、
これまでの細かな住民サービス力が低下するのも、また必然。
なんだけど、それでいい、それでやむおえない、
ということを行政の長たちも公言してるんだね。
「住民サービスは低下しないようつとめます」とか、
言うのかと思ったら、そんなことないんですね。

市街地化を推し進められるよう規制緩和もされてるんだけど、
郊外型の大規模複合施設は開発されていって、
結局、個人の店とかは消えていって、今はまだ生きている
商店街も消えていって、全国のどこの町とも一緒という町が
また一つ出来あがるのかな?
今度、あのまだ生きているかな?って商店街を「歩いて」みよう。

オマケの知識
高速道路のね、各都市への出入口ってどこの都市も
東京に近い側につくられてるんですね。だから、
四国とかだとほぼ、その町の東側。

夜ご版の焼肉が胃にもたれてるぞ(^^;
スポンサーサイト

古巣に再登場?

たかちゃんは5月の中旬に新しいCM撮ってたんだね。
またまた、岩井俊二監督ですよ。
たかちゃんとはとっても相性がいいと思うナ。
ってまだCMは一度もみてないんですけどね。

三菱UFJ証券のCMなんだけど、確かUFJは
元三和銀行がいくつかの銀行と合併されてできたんだよね?
BMGへの出戻り移籍に続き、こちらも古巣に再登場?ってか。

でも、私の住んでいるところには
三和銀行ははびこってなかったんで(地方は地方銀行)、
三和銀行のCMってテレビで見たことはないんだけどね。
あの頃は誰がCMの監督してたんだろう?

とりあげたのは「お年玉」

幸四郎さんの「勧進帳」
地元に来るんだけどね、例によって
夜の仕事(怪しい仕事ではないよ)とかぶってるんだよね。

たかちゃんのお芝居だとかぶる前に、
チケットを手に入れて飛行機もホテルも押さえてってのが
先の予定として入っていることが多いので、
しかも、最近は予約して数日で購入しないといけないので
よっぽどの用事でない限りは、たかちゃん優先なのですが、
逆に地元だと、万が一誰かに会っても言い訳が・・・
ってことで、むずかしいなあ。当日券まで悩むかな。。。

幸四郎さんは、昨日はみのさんとさしのみしてましたが、
最近、よくテレビに出ていろいろと発言されてますね。
聞いたような話は多いのですが、熱い人だなあと思います。
ところで、先日のスマステでは後輩の歌舞伎役者さん達から、
「お年玉をくれる」と大評判でしたが、斎くんは当然だろうけど、
紀保ちゃん、染ちゃん、たかちゃんにもお年玉あげてるんだろうか?

あんなに、いい話をいっぱいされてるのに
とりあげたのは「お年玉」かよ(^^;

ファンでない人の感想

友達のtakoちゃんがたかちゃんの「僕らがいた」ってCDの
感想を述べてくれましたんで、こちらでもご報告。
私ね、ファンの人の感想よりそれほど松さんに興味がないけど
って人の感想の方が信用できるの。だから嬉しいのだ。

ただ、音楽の好みってものすごく個人差があるし、
そのときの気分でも違うから、人それぞれで本当にイイと思う。
それと松さんの場合、結構、「松たか子の音楽は好き」っていう人がいて、
そういう音楽ファンの人の言っていることも信用してます。

逆にお芝居はね、その人が最初に持っている印象と、
その作品での役柄にすごく縛られた評価をされるなあ
って常々思っていて、
役者をまともに評価している文章は数少ないと思います。
話がむちゃくちゃずれてきた(^^;

とにかくtakoちゃんの感想をどうぞ!


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ごぶさたさま・・・ 投稿者:tako 2006/05/29 20:34:28
ご無沙汰さま&時流に乗らない話題で申し訳ないですが、
ようやくニューアルバム「僕らが・・・」を聞きました。
「あ!ピースオブ・・・」が好きな同居人が、
癒し系の歌を聴きたそうだったので、
(管理ちゃんに怒られそうだけど)CDレンタルしたのでした。

1回くらい聴いた私の印象は、「声が変わった感じ・・・」。
決して悪口ではないですが、
歌を歌うのがうまくなったように感じました。
以前は、話し声とかとそんなに変わらない声で歌っていたような気がするんですが、
歌声としてつやっぽくなった感じ。
きれいだと思いました。
あくまでも私の「思い込み」「感じ」だけどね。
話し声をそんなに聴いたことある訳じゃないから・・・。

もう少し聴いて、印象に残って、何回も聴きたくなった歌は、
6曲目、8曲目(推定:水槽)、10曲目(推定:僕らが・・・)。
いい曲聴くと体がしびれる感じがする時があって、そんな感じ。
曲名が分からなくて申し訳ないです。
いまいちだなと思ったのは、「~子猫のワルツ~♪」って曲。
私が勝手に彼女に求めるものと違っている感じ。
ちなみに同居人は、
「あ!ピースオブ・・・」のように癒される感じではないと、のたまっておりました。
決して決して悪口ではないので、悪しからず・・・。
管理ちゃんが機嫌悪くない時に読んでくれることを願いつつ・・・。

more»

すねてる感じがかわいい

今日のへ~(@@)な感じのネタ
さすがに大阪で公演中のたかちゃんは来ないと思うけど
負け知らずとは知りませんでした。
http://isinabe.exblog.jp/3149650


で、今日こそはメタルマクベスの2番目の登場シーンのことを書こう。
やっとこさ夫人が出てくるシーンのことですよ。
メイプル城の寝室に伝令・吉野家がやってくる。
メイプル城、マホガニー城、鋼鉄城って城の名前も面白いよね。
「築30年の木造のボロ家なんか嫌」らしいけど、
私は、鋼鉄のお城なんかよりずっと好きだな。

「って、そんなことはどうでもいいんだ」
↑このセリフのタイミング間が悪いよなあ。
前のめり女優だからなあ(^^;
でも、私が今回、気に入らないのはココだけなんで。
とりあえず、私の「間」に合わないってことにしとこう。

で、本当にこんなことはどうでもよくて本題に行きます。
このときの夫人はランディを待ちかねているんですよ。
でも、やってきたのはDVDと奇妙なあてぶりの吉野家。
で、少々スネてるわけです。かわいい。
総じて、このシーンは新婚でまだ子どももいなくて、
周りの人も知らない人ばっかしで、旦那は仕事で
なかなか相手してもらえなくて、さびしい思いをしている
そんな若妻ランダムスター夫人なんです。かわいい(^^)

しかし、「抱いて、抱いて」っていうシーン、
子どもが暴れてるようにしか見えないのがプチっとツボだ(^^)

しかし、今回、本当に切り替えが上手いなあ。

まあ、それでDVDを観るシーンですが、
最初にひっかかる「リンスはお湯に溶かして使え♪」
これ私の今日の鼻歌ソングでした。
「ありえないでしょ」って夫人は言われますが、
ありえるんですよ。でも、私も最初、そんなことしてたっけ?
って感じで忘れてたんですけどね。
ここのところ、友人が言ってたんですが、
映像をストップする前にベッドの上で頭を小刻みに横に
コックンコックンするしぐさ、これは松本ではなかったです。
かわいいね。でも、その後、はちゃめちゃに踊りすぎだ(^^;
最初観たときはビックラこいたよ。
稽古風景の時とは大違いのノリなんだもん。
でも次のダイエースプレーの歌のときの、
「ストップ! 一応、聴いとこうか」の言い方がショゴイ好き(^^)
「嫌いなの、メタル」も好き。
エラソゲなたかちゃんがとってもかっこいい。
ついでに「風太くん、ヘンな時に立つから」も
たかちゃんのセリフじゃないけどショゴイ好き。

まだ、やっとランディ帰ってきたところだけど、
今日は、ちょっとメモ帳を忘れてきちゃったので、
明日続きを書こうかな。

まさかこんな芝居とは・・・

さて、メタルマクベスのことも書こう。
えっとね、ちょっと小耳に挟んだのですが、
5/28、私がチケットを譲った方からのご報告で、
なんでも、最後にライブがあったのだとか。
でも、終わったのは16:30て言ってたから、
ミニミニライブなのかな?明日は月曜、休演日だもんね。
6/11は期待していいんでしょうか?
たかちゃん、今日の夜の全仏テニスの番組出るんだよね。
明日が、休みだからっていいのか?そんなに仕事して!
って思うけど、実は家でも観るんだろうから、
お金もらえて、観れるんだったら一石二鳥だな。おいしい仕事だ。


で、メタルマクベスですけど、
昨日のソワレのときね、未來くんが手すりみたいなのに乗って
歌うじゃないですか、あのシーンで振り返ったら、
ちょうど私の視線の先におばあさんが座っていて、
そのおばあさん、あまりにもまぶしい照明に
真正面を向いて目をしばしばさせていたのでした。
ほとんど目をつぶっていた感じもした。
あのおばあさんは、このお芝居を楽しめたのかなあ。
耳をつんざく爆音に耳をふさぎ、チカチカと光るフラッシュに目をふさぎ、
腰やおなかにバンバンくる震動、席を立って出るわけにも行かず、
苦行になってなかったかな? 少々心配です。こんな芝居とは思ってなかっただろうし。

それから、たかちゃんの最初の登場シーンの件、
すごくモノマネがよくなってたんで、
5月21日の記事を加筆しました。

more»

泣き寝入りは嫌

夕方からほたる祭りに行ってきました。
うちのサークルの子分たちがカフェを出しているんで。
子分の一人が16時頃までかかってサークル紹介の
パネルをつくってて、その後、東京から戻ってきた私が
それを車に積んで現場に持っていくことになってたのでした。

天気が心配だったんだけど、雨はやみ、
まあまあの人手で、ホタルもしっかり飛んでるのを観ましたよ。

その後、私はちょっと早めの21時までに家に帰ってきました。
なぜかというとですね、私は先週ゴミ当番だったんだけど、
ちゃんと分別して出してくれてない人がいて、
そのゴミをどうしようか懸案事項だったんです。
月曜日からはゴミ当番を次の人にまわすのに、
いけないゴミまで一緒にまわすわけにも行かず、
それで、班長さんに聞いてみたら、ゴミ当番の人が
持ち帰って分別してることもあるとか、
私ね、そういう泣き寝入りみたいなの、すごく嫌いなんですよ。
で、とにかく注意書きはまわしてもらうことにして、
ゴミは一応、今回は私が分別しなおすって言ったんだけど、
ゴミをよくみたら、宅急便とかの札がそのまま入ってたんで、
誰が出したゴミなのか一目瞭然だったんですよ。
それで、その人のところにゴミをもっていったんだけど、
留守だったんで、張り紙をして、その人の家の前に
置いておきました。
だってさ、私、どうしても嫌だったんだもん。
今週は、それが一番気になってたので、スッキリした。
後は、もう知らない。

濃くなってるし(^^;

東京はお初の観劇です。本日はマチソワでした。
マチネはあまりにもみんなの演技が以前より濃くなってたんで、
慣れず(^^;、やりすぎ?って思ったけど・・・
ソワレはすでにその濃い演技に慣れてしまいました。
あと、私、右近さんのプチファンになりそう。
演技がとかじゃなくって、カーテンコールのときに
なんであんなに嬉しそうなんかが気になって。
あと、歩き方がしゃなりしゃなりしてて、女性っぽい感じが
スゴイかわいくって(^^)
あと、マチネは海老蔵くん、ソワレは染ちゃん夫妻が来てました。



ここから、ネタバレで。

more»

何千年の技術

昨日のおもしろかった人の話。
その人は石垣を讃える会ってのをつくってたりするんですよ。
何をやるかっていうと、ただただ石垣を讃える。
うんちくをたれると面白くなくなるんで、
そういう風に会の雰囲気がなってきたら自分はやめるんだそうです。

この人は、石積みも毎朝のようにやってるんだけど、
それが、発想が面白いのが、石垣とかって基本的には
大昔に一度組まれたら、まずその位置が後で変わることはない、と。
だから、自分が今この位置だって決めたら、
これから何百年もこの石はこの場所から動かないんだ。
その束縛を自分がやってるんだってことを考えると、
ものすごい満足度なんだそうです。
わかります?

この人は、今、家を一軒自分ひとりでつくってるんですよ。
半径5キロ以内の材料だけを使って、基本は石組みだそうです。
そして、木やレンガも使うんだけど、
その煉瓦ですが、なんと、自分の家の庭に煉瓦を焼く釜を
つくっちゃったというから、すごい。
もちろん、土は半径5キロ以内ですよ。
ものすごいこだわり。。。
でもね、そのこだわりを他の人には押し付けない。
それが非常に潔いです。

あとね、たきび学会ですが、これって
ただ焚き火をやるだけの集会なんだそうです。
だけど、火を起こして、何かを燃やすというのは、
その目的や条件によって方法が違ってて、とっても技術が必要。
といっても、生活の知恵的技術ですよ。
たとえば、草をいっぱい焼きたいときに乾いた草に火をつけちゃったら、
もくもくと煙と火をあげながら燃えてしまうので、
他に火が燃え移らないようにずっと見ておかないといけないけど、
朝露をたっぷり含んだ草を刈って、それをじわじわと燃やしていったら、
まったく監視していなくても、一筋の煙が長時間立ち上るだけで、
すべてが穏やかに燃えていくんだそうです。

そして、私たちがそういった当たり前の生活の術を失ったのが、
ここ40年ほどなんだと。何千年と繰り返し蓄積された技術が
ほんの最近の何十年かで失われていってるんですよね。

私たちはどんどん退化してるのかもね。

日本は法治国家なのだ

ただいまなのです。
本日は盛りだくさんで楽しいことがいっぱい。
だから、書きたいこともいっぱい。

昼ごはんくらいのときはね、
教育基本法の変更やら共謀罪やら、戦争という本丸に向かって
堀がどんどん埋められてるんじゃないって話を聞かされた。
戦争が誰にとっても不利益ならともかく、
それで個人的に儲かる人がいるんだよね。力のある人たちに。
それが、すごい危険。

確かにね、今はまだ制定前だから議論が可能。
だけど、法文というのはかなり様々な解釈の余地がある。
だから、いったん決まってしまうと、
その解釈は為政者によってコントロールされてしまう。
そう思うと、確かに戦争に向かって足固めがされていると
とれなくもないなと思いました。

夜は○○塾があって、その後、講師の人とスタッフ何人かで
お食事をしました。これがすごく楽しかった。
○○塾の講演もためになる話も多々あったんですが、
「縦割りと横割りと境界」の話なんかすごく面白かった。
まあ、それはまた話すとして、すごく簡単に言うと、
壁はいろいろあるわけです。それこそ、法律でいろいろ
縛られているからね。でもね、縛り自体は悪くはないんです。
融通を利かせる術を持てばいい。
それにはプロデュース方式で縦も横も見通せる人がいることが
一番効率的なんだろうな。
あっでも、言いたいのはそんなことではなくてですね。

話の主旨は「いろいろ問題はあるけれど、いいことなら、
ややこしいことはちょっと置いておいて、まずやろう!と。
まずくなったら、謝ればいいじゃん。
もし、それが本当にイイことなら、みんなが応援してくれる。
まちづくりだと、楽しくなって活気が出てきて、
それで一体誰が反対するの?」ってことでして、

要するにイイ既成事実をつくっていって、
応援してくれる味方をいっぱいつくって、
ちょっと時間はかかっても認めさせてしまおう。
って話だったような気がする。

この人、ものすごく面白くってね。
日本たきび学会とかつくってるし、
自分一人で家つくってるんだけど、その話はまた今度。

あっそうそう、浦屋家の古文書もやったので、
それも面白かったんだけど、これもまた今度にしよう。

やっと発売

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000FO4IFE/bitaminj-22/ref%3Dnosim/250-1432659-8055423

去年の夏にやった広島のドラマのDVD
やっと発売されるね。発売日が8/2らしい。
原爆の投下日に近いな。

でも、編集しなおしてるのかどうかよくわからんのだけど、
最初のON AIRのときとは、違うバージョンで
再度放送されたんだけど、それは私は観れなかったので、
どのバージョンで発売されるのか、非常に気になります。
ある人たちには、原爆と戦争を今、考えることの手助けになったし、
ある人たちには、リアリティの無さを叩かれたし
思想が偏向しているとの意見もあった。。。
人の心に影響力のある作品だからこそだろうネ。

○○マニア成分解析機

いやはや、とあるブログで
http://blog.kansai.com/shippu/660
「松たか子マニア成分解析機」をつくる会議をやってたんですが、
世話人の方が溜まる仕事もかえりみず、みんなの意見を
取り入れてつくってくださったわけですね。
せっかくなんで、ここでもお披露目させていただきます。

http://seibun.nosv.org/maker.php/matsumania/

ちなみに、サイト名「マツタコ」で解析した結果は・・・

松たか子マニア成分解析機によるマツタコの解析結果
マツタコの93%は啖呵切りが得意で出来ています
マツタコの4%は食いしん坊で出来ています
マツタコの2%は梅干しで出来ています
マツタコの1%は行ったことのない海水浴で出来ています

肝心のたかちゃんの名前で解析すると・・・
結構おもしろい結果です。
自分でやった方が楽しいと思うんで、ここでは秘密ね。
コメント欄にのっけておくことにします。

今頃、ドッグヴィル

たまたま、テレビで「ドッグヴィル」をやっていた。
私、実はまだ観てなかったのです。
以前に途中で寝て以来。

途中からだったけど、なんとなく観始めた。
そして途中からすごく嫌な気分になってきた。
ひどい人たちがうずまいている。
グレースはすべてを受け入れる。
陰鬱な町。抑圧された人々。そのはけ口。
もう観たくないとすら思った。
でも、彼女が救われないまま観るのをやめることは
できない気がした。

グレースが町の人のすべてを話す。
町の人は受け入れられない。
だけど、町の人の何かも変えた。のかも知れなかった。
でも、トムも変えた。残念だった。
いや、本当の自分本位な自分を思い出しただけか。

自由であることって難しいんだな。
いろんなことが力ずく。
車が現れた瞬間、町の人たちは
全員殺されるんじゃないかと思った。

犬は本能に従うだけ、それを許せ・・・
でも、哀れみは相手に対して失礼でもある。

最後に見せるドッグヴィルは、どの町とも同じ。
この町だけじゃない。
最後に下したのはグレースだった。
彼女は神か?彼女に裁くことができるのか?
彼女は独りこれからどう生きるつもりなんだろう?

最後まで見てよかった。
この映画スゴイよ。
でも、もう一回観たいかって言われたら、
もう観たくない気がする。私はそんなに強くない。

すごい固い役者

ココに載ってる記事がやたら面白かったので、
記事アップしようっと。
スタレビの要さんとか、サザンの桑田さんとか、
おっさんにモテるよなあ。たかちゃんは。
http://sarujan.jugem.cc/?eid=824

で、上記の記事とは全然関係ありませんが、
たかちゃんのことを「すごい固い役者」と評している人がいました。
この表現には非常に納得です。

たかちゃんの演技には余裕や遊びがない。
たかちゃんに余裕がないんじゃなくて、
こちら(観客)に逃げ場がない強い演技をしてくる。
みんながみんなそれを受け止めきれるわけじゃない。
弱ければ強制されてるようなしんどさを感じるんじゃないかな。
だらっとしてることを許されないような息苦しさ、そんな感じ。
強さへの憧れになればいいけど、負担になる場合もある。
でも、私は別に無理して余裕とかつくらなくっていいと思う。
それは、たかちゃんの持ち味だから。

「固い」とか「まじめ」とかって言葉ね、
よくそういう風に形容されるけれど、
これは、ガリ勉くんみたいなのを言うんじゃないんだよね。
「まっすぐ」「本気」「全身全霊」
こういった意味合いに近いと私は思ってる。
私もね、「まじめ」なんですよ。
「嘘つけ」って声が聴こえてきそうだけど(^^;
適当にやってるように見えるらしいし。

話をたかちゃんに戻してっと。
いい作品になるかは、相手役にかかっているともいえるかも。
たかちゃんの強い本気の演技に感化されて
相手も呼応するような本気が引き出されれば、密度の高い芝居になる。
(もちろん、たかちゃんが感化されることもあるんですよ。)
あるいは、ドラマでの木村君のように彼の懐の大きさで、
受け止めてくれて強さが中和できる場合もある。
TVドラマでの相性の良さは誰もが認めるところだと思います。

いい作品になれるかはバランスだからね。

野田さんが「贋作・罪と罰」で、たかちゃんの相手役に
古田さんを持ってきたのは、そのあたりが理由かなと思うんだよね。
そういうたかちゃん中心視点からみると、古田さんは、
もっと大きくなれたはずだけどな、と、ちょっと思った。

今回の「メタルマクベス」はね、たかちゃん自身が
いのうえさんの演出によって、人間のいろんな面を
演じれるようになってるからね。
今回のお芝居は振れ幅は大きいほどいいわけですし。
だから、たかちゃん一人だけでもバランスは悪くない。
しかも、意外だったのは、内野さんってわりと
相手役のこと気にしてないなあってこと。
いや、むしろマクベス夫妻が相手よりも自分という役なんだろうな。
どういうことかというと、二人とも相手のことを愛してるんだけど、
好きだから、相手が何を望んでいるかを知りたい
っていう「相手のために」って感情ではなくて、
「私が」愛している、ってことが、彼らの愛って感じ。
もちろん、愛しみ哀れみ合う感情はあるんですよ。
そんなこんなで今回は役柄と演出のせいでバランスが悪くない。

パパに似てる

え~っと土曜日のスマステ、幸四郎さんが出てましたね。
しゃべるしゃべる、語る語るって感じで、一人舞台でした(^^;
今回は、香取くんは楽だったことだろうよ。
だけど、彼はなんで三谷さんの舞台への誘いを断ってるんだろうね。
感情を開放することが怖いんじゃないの?
自分の本質を観客に見破られるというか・・・
いや、彼のことは全然知らないので知らんけどね。

でも、幸四郎さんは、本当にドラマティックなしゃべりだね。
すごいわ、話は聞いたことのある話も多かったけど、
なんか、どんどん好きになる。
それと、時々たかちゃんに似てるなあって思ってしまいます。
たかちゃんが幸四郎さんに似てるんだけどね。
表情とかでフトそう思うことがあるんだけど、
たかちゃんがチャレンジャーで挑み続けるところも、
親ゆずりなんだろうな、きっと。

文化遺産もどきの場所へ

今日は昼から3箇所、文化遺産もどきの場所に行って来ました。
カフェをやれる場所を探してるんだけど、
2軒目以外は、相当に修復しないと使えないもの。
とくに3軒目は内部がまるで改変されてるんで、
見ごたえが微妙なんだよね。
たぶん、連れて行った人たちは2軒目がイイっていうだろうな。
何故ってね、すぐにでもはじめられるから。わかりやすいんだよね。

でも、面白い価値や、自分達のつくる力を試せるのは、
今は改変されてボロボロの建物の方なんだけどね。
それを自分達の力で新たな作品としてイメージする力が
あるかなあ、今週末に今日の結果を聞くんで、ある意味楽しみです。

それとね、上記の場所に行くのに、
20分ほど車で運転していったんですよ。
今日は、超暑くってたまらんかったんだけど、
現地集合で他の人たちに会ったら、
その20分間でどうやら私は日焼けしたらしい。
なんちゅうやわい肌。日焼け止めも塗ってたのに。。。
こないだ買った日焼け止めも強すぎて肌が荒れちゃったし。
でも、何もつけずにいたら、すぐ回復した。
何もつけないほうがキレイってのはどういうことだ?

そろそろ本格的にネタバレいってみよう

本当は、今日はとある組織の総会の予定だったんですが、
諸事情で延期になったので、家におります。
それで、「メタル★マクベス」のレポ?を掲示板に
いただいたことでもあるし、小ネタ・ツボシーン等を
ちょっとまとめてみようと思いつきました。
基本的にたかちゃん中心ね。

ちなみに、お芝居は劇場によっても日によっても
どんどん変わっているようなので、あくまでも
私が観たあるいは友が観た回ではってことですんで。

それから、東京楽に行くことにしました。
上から1回は見てみたかったので2階です。
照明が観たいんです。

↓ここより激しくネタバレです。

more»

高速で「僕らがいた」

今日は高知まで行って来たから疲れマシたよ。
で、「僕らがいた」を車中でずっと聞いてたんだけど、
これ、本当にいいアルバムやわ。

全部いい曲なんやもん。
たかちゃんが、コード進行がどうたらとか、
楽器をいろいろ自分で挑戦したとか、
聖子さんのドラマーやった人に参加してもらって
嬉しかったとか、ある意味音楽的マニアックなことを
いろいろ言うもんやから、
私はですよ、わからんなりにそういう音が気になって、
聴いてしまうわけですよ。

そしたら、アレンジの違いとかやっぱりわかってくるわけで、
ここはシングルVerの方が好きやなあとか、
本当に音楽のことはさっぱりわからないけど、
好みだけはあったりするんですね。

で、私が一番好きなのは「僕らがいた」なんだけど、
この曲、別のアレンジでも聴きたい気もします。

試写会あるよ

え~、「BRAVE STORY」
東京で舞台挨拶付きの試写会あるんだね。
フジテレビのサイト↓の「映画」のタブをクリックしたら
http://www.fujitv.co.jp/index.html
左上に出てきます。
一応、こんな↓感じらしい。詳細はサイトを見てね。

日時 : 6月5日(月)18:45開場/19:15開演 (上映時間:1時間52分)
場所 : サロンパス・ルーブル丸の内
舞台挨拶参加者 : 松たか子、大泉洋、常盤貴子、ウエンツ瑛士 (予定)
ご招待 : 50組100名様(抽選)
応募締切 : 5月24日(水)必着

6月5日は休演日だし、たかちゃん主役だし、
舞台挨拶出るだろうね、おそらく。
後、他のどっかでも同じ試写会の募集してたけど忘れました。
すみませぬ、必要な方は自分で探してください。
私は、江戸には住んでないんで、行けないし。

それからメイキングもフジテレビ721と739で
リピート放送されますよ。
密かにすごく「BRAVE STORY」を楽しみにしているのでした。

今日さあ、いつものように高速を走ってて、ふと気付くと
あっ飛ばしすぎだ・・・ここで死んだら、
で、いつもは舞台の「○○」が観られなくなるじゃん。。。
で、スピードがゆるまるわけですが。

今日は、「メタルマクベス・・・は一回観たな」
「そうだ、BRAVE STORYをまだ観てない、死ねない」
って思ったのでした。だから、そろそろ次の予定を教えてね。

評判いいよね

今日はびっくりしたなあ。
内野さん、一路さんと結婚するんですね。
へ~~~(@@)
噂は聞いたことあるんだけど、
なんでまた、こんな時期に発表するんだろうね。
まあ、しかし「メタルマクベス」は評判いいね。
特定の役者がイイとか、脚本はイイとか、演出はイイとか
っていう声よりも、作品全体が評価されて
「イイ! また見たい!」って声がわりと多いのは
作品としては非常に嬉しいことなんじゃなかろうか。
それにたかちゃんの評価はすこぶる高いし。

事実、私もそう思う。
4時間かかろうが、何度でも見たい!って思わされる。
それはその通り。
たかちゃんがいろいろな演技を魅せてくれて、
「the 女優」(by 唐沢さん)っぷりを見せてくれてるのも
その通り。

だけど、ラストシーンのためだけに全てがあるような
野田さんの芝居とは対照的で・・・
「メタルマクベス」は、ずっと楽しいし、
それぞれの役者が劇団員も含めて、見所を与えられていて、
それぞれが芸達者であるがゆえにそういう意味では魅せられる。

だけど、シェークスピア作品という元のドラマが
ものすごくしっかりしているからできるのであって、
そんじょそこらの戯曲じゃ、この百花繚乱な感じは
支えきれないだろうな。

ただね、今、原作の「マクベス」のラストシーンを
確認したくてたまらない。
「メタルマクベス」のラストは原作と同じなのかな?

やっぱりね、ラストはもう少し盛り上げて欲しいんだよね。
個人的な好みとしては。
劇場で買ったCDも同じように、最後の曲が唐突に終わる。
余韻も何もなし。それがすごく気になってるんですよね。

あ、わたくしは明日は仕事で雨の中、朝から高知です。
6時半に出発の予定。。。起きれるかなあ。起きるしかないけど。
遠征される皆様、報告よろしくね。

モンパルナスの灯

今日は本当はピカソ&モディリアーニ展を観に行く
はずだったんだけど、都合が合わなくて明日になりました。
モディリアーニと言えば、
超面長で首が長くて目の小さい女の人の顔で有名。
なんでもアフリカやオセアニアの仮面の影響と
アールヌーヴォーの様式の影響を受けているらしい。

でも、私にとってはモディリアーニと言えば、
「モンパルナスの灯」なんだよね。
モノクロの映画だよ。ジェラール・フィリップ主演。

生きている間はすごく貧乏で、酒と薬と女におぼれて、
死んでから有名になるのがかわいそうでたまらなかった。
芸術家ってなんで、みんな決まったように退廃的なんだろうね。
そうでない芸術家もいるけど。
逆に退廃的であることが芸術家の勲章みたいに思ってる凡人もいるけど。

とにかく若くして死んでしまう。
なぜ、芸術家の溜まり場でモディリアーニもフィールドにしていた
「モンマルトル」でなく「モンパルナス」なのかというと、
彼は最初はモンマルトルのあたりに住んでたんだけど、
モンパルナスの方がもっと安い下宿があったから
そこに住み換えたんだよね。彼が亡くなったのもモンパルナス。
奥さんは彼の子どもを身ごもっていたんだけど、
彼が死んでからすぐに窓から投身自殺をするの。
そういえば、マクベス夫人も身投げだったな。後追いじゃないけど。
すごいかわいそうなお話だった。。。
それとね、彼はイタリア人なんだけどユダヤ人だったんだよね。

なんでピカソとモディリアーニが一緒に展覧会で並ぶんだろう?
ってちょっと不思議だった。ピカソは長生きしたしね。
でも、生まれはピカソが3歳上なだけで同時代人なんだね。

プラスのイメージが吉

今日はちょっとAさんにBさんを会わせるために
一緒に食事に行ったのでした。
せっかくの機会なんだからもうちょっとしゃべれよ、
とか思ったけど、まあしゃあないかなあ、
知らない人とだと緊張するよね。

でも、その短時間でアピールできることって
大事なんだよなあ。。。と横目で眺めつつ、
たかちゃんのメタルマクベスの話も宣伝しときました。
だって、そういう芝居に出てるって言っておかないと、
みんなに、松たか子って仕事してないとか思われたら困るし。

そうそう、今日はちょうどお昼の時間に
「今、ローマです」ってメールと電話がきた。
嬉しがりのPAPAからでした。
すごいね、普通に携帯で電話とかメールとか出来るんだもの。
でも、どうやら向こうは朝の5時台だったみたい(^^;
母が「お父さんが朝からピポパポやるから起きてしもた」って
言ってました。

全然違う話なんだけど、面白いことを思い出した。
両の手のひらをあわせてみると、
通常はそんなに長さに違いはありませんよね。

まあ、だまされたと思って。
両手を合わせて、片方の手、たとえば右手、
「右手、伸びろ伸びろ」ってまじめにイメージしてください。

で、目を閉じたままいったん手を放して
目を開けて、再度、手を合わせてみてください。

マジで伸びてますから、右手。

なんでもプラスの考えをイメージしていると、
身体がそれにあわそうとするんだそうです。

言っておきますが、
誰か他の人をどうにかすることはできませんよ。
あくまで、自分の身体に自分の思考や意志や気分が
伝わるってことですんで。

早く観に行きたいな!

メタルマクベス東京初日あけました。
http://smartwoman.nikkei.co.jp/culture/news/article.aspx?id=20060515c1001c1
↑ここが写真がいっぱい載ってるね。

今朝はゲネプロの様子が流れるかなってことで、
朝起きてチャンネルをバチバチ、
ズームインスーパーにチャンネルを変えたら
いきなりローズが(^^)v たぶん5時台だった。
その後は7時台にめざましTVをチェックできました。

でも、ちょっとネタバレしすぎじゃないかい?
あのシーンは流さないで欲しかったなあ。
あのシーンってのは、もちろん、
ミキマウスのトレーナーの衣裳のやつです。

ああ、でもTVじゃ生の舞台の半分も伝わらないなあ。
もどかしい。
それでも、うっちーの膝に頭をのせて呆然としながら
涙が勝手に流れているシーンはアップで観れて嬉しかった。

あと四文字も出ちゃったね。
まあ、でもあれは期待はずれだった。
何を期待してたんだ?とか問い詰めないでくださいな。
「人生の中で言ったことのない」とか言うんだもん。

でもって、初日もう終わったね。
今日もお疲れ様でした!
メタルマクベスなみなさん!

幸せってむずかしい

昨日の夜はなんだか電話とかメールとかが多くって、
それがですね。ある人がですね。
新感線ならぬ新幹線のチケットの買い方がわからないと
メールで聞いてきたわけです。
普通に駅に行ってみどりの窓口とか自動券売機とかで
買えるじゃんと思うんやけど、ほとんど買ったことの
ない人にとってはドキドキもんなんでしょうな。
でもね、そのお方はですね、私より年上なんですよ。
お嬢様育ちならいざ知らず、そういうわけでもないんだけどね。

で、今日はK庵の会議があったんだけど、
モザンビークに行ってた人がいて、その人の話が面白かった。
モザンビークに何を持って行ったかっていったら、
バドミントンセット
何を持って帰ってきたかっていったら、
ココナッツの瓶詰め(たぶん)を○個ほど。
バドミントンセットはその指導者がいる学校へ寄付するため
持って帰ってきたココナッツの瓶詰めは、
なんとですよ、なんかどっかでアフリカフェアをやるらしくって
そこで並べるものらしい。それをついでに持って帰ってくれと
いうことらしい。郵送費もバカにならないもんね。
本当にね貧乏な国なんだそうで、
まあ、他の国でもよくあるけど、
カメラを向けて写真をとったら、ワーっとよってきて、
写真を撮ったから金を払えと言われるらしい。
それに高速道路の両脇にモノがいろいろ置いてあって、
車が停車すると、どっかから人が湧いてきて、
そこに置いてあるモノを売るらしい。
水が不足してるから、水の確保が大事なんだけど、
女、子どもの仕事はまず水を何十キロも離れた場所から
頭の上に載せた甕で運んでくること。
そういう生活をしているところが世界には普通にあるんだよね。
井戸がないわけじゃないんだけど、メンテナンスができなくて
放置されているんだとか。

よく知らなかったけどモザンビークって10年程前まで
内戦状態だったんだね。それから武器を国外に出すことに
アフリカ中で一番成功したのがモザンビークらしい。

でも、その人が一番思ったのは、
この国に近代化をもたらすのが本当に幸せなんだろうか?
ってこと、だったらしい。
人の幸せって何だろうね。
一度知った快楽を知らなかったことにはできないけれど、
快楽だけが幸せではないんだろうな。
幸せってむずかしい。欲張って大きな箱にせずに
小さな箱にしといたほうが幸せだったかも知れないし。

そうだ、明日からうちの両親は巡礼の旅に出るんだ。
気いつけて行ってきてな。

時代を行ったり来たり

そろそろ大阪行の手配をしとかないと行けない。
飛行機は数日前にとったはず。たぶん。
ホテルは今日、一緒に観る友達のところの夫婦と相談をして決めた。
お芝居を見るところのすぐ近くのところ。
お芝居が遅くまであるから、近くがいいかなと思って。。。
晩御飯とかどうするかも考えなきゃな。
あっちなみにこの日は姉も一緒にみます。

もちろん、観るお芝居はメタルマクベスですが、
このお芝居はたぶん友達の旦那にも受け入れてもらえると思う。
絶対面白いはず。ただ、設定ぐらいは理解しといた方が
理解がスムーズに行くと思うんで、できれば設定は
読んでおいて欲しいかな。

で、設定というやつを簡単に書いておくと、
要するに戦争で荒廃した近未来の2206年の政権争いの話と、
ヘヴィメタとかのバンドブームだった1980年代のバンドの話が
1枚のCDでつながります。
たぶん、役名を書いておくだけで簡単に理解できる。

これがですね。親切なことに劇場でもらうちらし束の一番外側が
配役と劇中で歌われる歌詞の書いた二つ折りのちらしに
なってるんですよね。私はこれを劇前に眺めていたので、
○Bさんもすぐに理解できたんです。

早く「マクベス」の本、来ないかなあ。
本屋で探すのをあきらめて注文したのでした。
だってさ、他のシェークスピア作品はあるのに、
どういうわけか「マクベス」だけがないんだもん。

配役はじゃあこっちのページに書いておこう。
http://curara.bblog.jp/entry/278655/
↑このページ今生きてません。また探しておきます。

で、以下ネタバレかも

more»

贈り物と景品と

さあて、また日記を書くのが遅くなった。
明日、母の日ですよね。
うっかりと忘れてました。
まあ、明日、カードでも贈っておくかな。
それで、なんかいいもんがあったら、
帰ってきてから贈ろう(あまり期待しないように)。

というのも、こないだ砥部焼きで絵付け体験したんですけど、
それが戻ってきて、今行った人たちでコンテストを
やってるんですよ。それで、商品を出せといわれて・・・

私の部屋はいらんものでいーっぱ~い♪
なんで、そのへんのもんを景品に出そうと思ったんだけど、
これが「私もいらない=他の人もいらない」
「これかわいい(^^)=あげるのはもったいない」
ということで、結構ナイもんなんですよ。

私、こないだ動物園に行ったときに買ったおみやげ。。。
眺めているうちに人にあげるのが惜しくなって、
自分のものにしちゃうような人ですから。。

で、そのぬいぐるみはアライグマだと思うんですけど、
職場に置いてるんですが、そこを通るたびに、
「風太くん、そこで○×△□~」とイチイチ言ってから
通ってる、とっても怪しい人間です。わたしは。

あっそれでですね、結局、景品は、
ブタのリモコンラックにしました。

私ってね、どう見てもぬいぐるみ好きには
見えないんですよ。どっちかというと、
ぬいぐるみを虐待してるように思われてる、たぶん。

青田がる?

今日もさぼりの日記で。
ん? 母の日っていつやっけ?

「○○○○が青田刈りってどういう意味ですか?」
って聴かれたので、○○○○がなぜ青田刈りになるのかが
わからないのかと思って、○○○○の説明をしたら。。。

「青田がりって何ですか?」って
青田刈りの意味を知らないようでした。。。

「まだ、青い田んぼを刈るってこと」とズバリを言うと、

「ああ~、そうですか、青田がりって
青田○子でも簡単にできるってことかと思いました。」だって、
それは青田さんに失礼やろ・・・

で、いきなり話が変わりますが、
私、最近の映画では「間宮兄弟」が見たいんですよね、
あの、イケテなさが魅力的やわ。
「ダ・ヴィンチコード」も見たいけど、
今はどっちかというとバカっぽいのを観て楽しみたい。

お葬式いろいろ

鳥葬は知ってたけど、犬葬ってあったんですね。
はじめて知った。風葬もありますね。

お葬式のやり方って民族によっていろいろで
東南アジアのある民族では、亡くなった人を
模った人形を、椅子に座った姿でつくって、
お葬式の場所に設置するんだそうです。
材料は木や石で、それに彫刻して、
衣服をつけて装身具もつけます。
お葬式が終わったら、その人形は
家の前に置かれたりするんだそうです。

本日は余裕がないため、ここまで。

彼女の場合

今日は久々に外で食事
って書いてから、そういえば松本では外食三昧だった
と思い出しました(^^;

今日は何で外食だったかと言うと、
今年の4月に就職したばかりの子が
会社をやめるとか言うので、「おいおい」ってことで
まあ、ご飯でも食べに行こうかと、そんな感じです。

で、「やめる」とか言ってたのはGW前で
GW明けたら「やっぱりもう少しがんばることにしました」だと・・・
まあね、社会人1年生は大抵、社会の厳しさにガツンとやられるよね。
(あっ、弟に電話せねばならぬのを忘れてた)

しかし、その子はいいたい事をはっきりと上司に言ったらしい。
平たく言えば「給料を下げてもらってもいいから、
そこまでして契約をとりたくない」
あのお、それは思いっきり間違ってると思うんですけど。
そりゃあ、契約を無理強いするのはいけませんよ。
でも聞いた限りでは、普通の仕事の範囲内。
もちろん、性格的にその仕事を無理だというのなら、
配置換えしてもらうことも出来るとは思うけどね。
適材適所に使うのが上司の役目でもあるだろうし。
まあ、でも上司にはっきりモノ申せるんだから、
もうちょっと時間がたって大人になったら順応できるんだろうな。
彼女の場合は。

クドカンサン

しかし、クドカンってのはすごいね。
マクベスが面白かったもの。
終わり方に若干の中途半端感は残るけれども、
燃えきらなくて残ってしまうマッチ棒みたいなのが
彼の持ち味なのかも知れないなとも思ってみたり。。。

歌詞がすごくヘヴィメタサウンドに乗っかってる
感じがするんですよね。でも、前にも書いたけど、
あれ、ヘヴィメタってこんなんだっけ?
っていう、演歌っぽいっていうより、
歌謡曲っぽい感じの歌になってるんですよね。
これは、クドカンの歌詞のゆえなのかな?

以下、少し歌詞の【ネタバレ】します。

more»

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © マツタコA All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。