スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひと言たか子な関係

幸四郎さんって率直な人ですね。
私は高麗屋の皆さんは、人として好きだな。

芸事のいい悪いは私には残念ながらわからないけれど、
お芝居をやる姿勢が好き。

そして、今日「父と娘の往復書簡」の8月分を
読んだんだけど、父の娘を見る気持ちって
どんなんなんだろうって、少しだけ思った。
まあ、私は娘っぽくないけど。

この往復書簡読むようになってから、
やけに、幸四郎さんの株が私の中で上がってます。
なんか、すごく人間っぽいんだもん。

で、今日のヒットは、「ひと言たか子」(笑)
いい父娘関係だなって思った。

ひょっとして、たかちゃんも「いらんこと言い」なの?
私は「いらんこと言い」です。
言いたくてしょうがなくなったら、我慢しないタイプ。
「そのうち刺されますよ」と子分Aは言います。
スポンサーサイト

三尸虫

古文書の解読のお当番だったんで、一生懸命やってたら、日記書くの忘れてました(^^;

今、ちょうど養生論みたいなのをやってるんだけど、江戸時代の文献だから、大昔からの中国の医学書を参考にしていて、たまに近代医学では考えられない呪文が書かれていたりします。

たとえば、庚申信仰に関連して、「去三尸誦言」の呪文。
「彭候子(ほうこうし)・彭常子(ほうじょうし)・ 命児子(めいじし)
悉く窈冥の中に入り、我が身を去り離れよ」

なんの呪文かというと、人の身体の中には、上尸:彭候子・中尸:彭常子・下尸:命児子がいて、上尸は頭にいて、目を悪くし、顔のしわをつくり、髪を白くします。中尸は腸内にいて、五臓を悪くし、悪夢を見させ、大食させます。下尸は下半身にいて、命を奪ったり、精力を減退させます。

そして、さらにこの虫は庚申の日の夜、人の眠っているスキに体内を抜け出して天上界に昇り、その人の行状を天帝に報告します。その報告を聞いた天帝は悪い行いをした人の寿命を縮めてしまうので、三尸の虫が体から抜け出ないように、夜通し起きていたのです。

で、先の呪文は庚申の夜に身を浄めて南に向かって、体内の虫が遂にいなくなるようにと三回唱える呪文なんです。

これはやっぱり信じてたんだよね。きっと。

ブレイブストーリーおすすめです

たかちゃんの声って、希望とか未来を感じさせるんだよね。
だから、今回も「ワタル」役をお願いされたんだろうな。
しかも、人間の持ついい部分も悪い部分も
きっちりと表現できる役者だからね、たかちゃんは。
情けないワタル、おせっかいで頑固なワタル。いろいろ。

以下、全般的な感想でネタバレはしてないハズ。

私、見ながら「セツアンの善人」を思い出したんですよ。
ブレイブストーリーの二面性は「セツアンの善人」より
単純化されているけれど、構図が似てる。

私、映画見て途中からずっと泣いてました。
最初はけっこうゆるい話だなあと思ってたんですが、
ちょこちょこ笑えるシーン、ほほえましいシーンが
あって、それはそれで冒険とはいえ、和みながら楽しみ、
後半は、ぐっとひきつけられて行きました。
ワタルはどんな言葉で答えを出すんだろう?って考えてました。

たかちゃんが製作発表のときに、
「ひとつだけ夢がかなえられるとしたら?」の質問に、
しばらく考えてから「世界平和」と答えたとき、
えらい大きな夢を持ってきたな、と思ったのですが、
「ブレイブストーリー」の映画を見終わってみると、
「世界平和」と答えた気持ちもわかります。
「世界平和」って大きな話のようで、実は小さな話。
一人一人がみんな幸せになればいいのに、って話だからね。

あと、後半の映像がちょっとグロくて私は怖かった。
あんまし、ああいう絵は好きじゃない・・・迫力あったけど。

私わりと驚きやすい人なんですよ。
映画館でもね、一回だけ驚いて声出してしまった(恥ずかしい)
どのシーンかというと、○○○○がはじめて○を出すシーン

また、書くかも知れないけど、今日はこのあたりで。

いい映画だった

とても多くのことをした日です。
朝から今治城まで行き、少々、約束の時間より遅刻しましたが、
この話はまた、別の機会に、その後百円ショップで
充実のショッピングをしました。

その後ブレイブストーリーをみて、とっても感動し、
松山の風物詩、夜市に行きました。
その帰り、某所によりましたとさ。

もりだくさんなのと、眠いので
先に寝てから今日は書きますね。

でも、おやすみ。

がんばれ、明日

この週末は、試験のある人が多いんですよ。
だから、周りの人たちのテンションがすごくヘンでね。
ある人は私の部屋にやってきて、緊張のあまり泣いてました。
「なんで、涙が出るのかわからない」っていいながら。
ある人は私の部屋のリラックスできる椅子のところに、
「ちょっと休ませて」と言ってやってきた。

彼女たち、明日の試験、がんばれよ。
リラックス。リラックス。

私はといえば、明日は8時前に出発して、
今治城の櫓の修復工事を観に行きます。
半分、仕事。半分、興味。

だけど、心がブレイブストーリーにとんでしまっていて、
落ち着かないことこの上なし。私もへんなテンションでした。
そういえば、心なしか、たかちゃんのテンションもヘンな気がする。

フランス人のマツリーヌは超おもしろかった。
いいのか、女優なのに。。。。。カワイイ(^^)
あのメロンのつかみ方すごい工夫したのにね。
むずかしかったね。
「男おばさん」ではあいかわらずハズれた返答なんだけど、
それがなあ、かわいいんだよなあ。

もうテレビをチェックするのが大変で大変で。
今朝のめざましも大泉さんがいてくれるおかげで安心してみれてよかった。とくだねはさっき見たけど、めざましと違ってちゃんと映画の宣伝をしてたみたいに思います。
でもエンターテイナー度があがったよなあ、たかちゃんは。

あっそうそう、こないだのHERO
連続ドラマにならないかなあと思ってたんだけど、
同じ舞台では無理かも。というのも、どうやら
東京地検城西支部の外観に使われていた「丸の内八重洲ビル」
今月くらいから建て替え工事に入るんだそうです。

映画になるんじゃって噂もあるけど、
舞台はどうなるんだろう?
内部のセットだけですますのかな?

ボケちゃんの感想

私が先日、一緒に観に行ったボケちゃんの一人が
感想を寄せてくれました。凹んでみた甲斐があったってもんだ(^^)
ちょっと、好意的に書いてくれてるのが嬉しいのであった。
すごい、単純だな、アタシは。
お芝居を楽しんでくれたってのも嬉しいんだけど、
たぶん、今日の私のニコニコは最後の2行だね。
たかちゃん流に言うと「わたし(「のシーン」じゃなくて「のコト」)」
みんな自分が好きってオチでしたな、確か。
(試写会後のウェンツ君と大泉さんとの3ショットの漫才のときのことね)

話がブレイブストーリーになってる。。。
では、ボケちゃんの感想をどうぞ!

more»

失われていく力

手作り麺のスパゲッティ、自家栽培のハーブティー
本日の夕食です。7月末の花火大会の時の木村家でのカフェで、
ここの店長さんにところてんとカキ氷を出してもらうんです。
なので、本日はその打ち合わせです。

そして、木村家ではアートイベントらしく、写真展もやることに。
それは、某FM局のアナウンサーの人、で、その人と
さっきのお店のお客さんなんだけど、木村家のカキ氷とかを
手伝ってくれる学生の男の子と、うちの子分Yと私で、
会場となる木村家で打ち合わせをしました。

新しい人たちと出会うのは楽しいですね。

写真展の人は、四国88箇所の写真を
自家製ピンホール写真機で、とったものの写真展。
ピンホール写真って、深いよ~。
天気の違いが光量に差をもたらすんです。
シャッター速度?が違うみたいなもんやね。
曇りの日だと4分、5分なんて時もあるんだって。
遠くまで写真を撮りに行って、光が多すぎたり少なすぎたり、
全滅の日もあるそうです。

ファインダーがなくて、できあがりは想像の領域、
光にさらしておく時間も勘(まあ普通の写真も勘だけどね)
現像して出てきたものは、予期せぬ表情を見せているときも。

デジカメでお手軽にとるカメラもそ便利でいいけれど、
こういう「想像」に挑戦していくことが、
自分の感性や直観、対象に対する洞察力を鍛えていく気がしました。

便利になって失われていく力ってたくさんありそうですね。

立派なエンターテイナー!?

7月4日はメタマクの千穐楽でしたね。
大阪は少し間が空いたあと、短期間の公演。
燃えつきれたかな?

今回の公演の発見は、内野さんってヘン!ってこと。
かわいい小坊主な感じのオッサンやったわ。

たーちゃん、舞台上ではともかく、
全般的にちょっと疲れが溜まってる気が私もします。
できれば、しばらく何もせずに、
ぼーっと温泉にでもつかりに行って欲しい気分です。

ということで、優しい犬様が、
千穐楽にいけなかった人のために、レポをくれたので、
こちらにものっけます。
たかちゃんは、今回の舞台で、エンターテイナー度が
ぐっと増したようで(^^)v

以下、犬様のレポです。

more»

考えることは面倒?

ただいまあ、7月末に古民家でのカフェをやるんですが、
今回は、AAFのイベントに入れてもらってるので、
その会議に子分Yと一緒に行ってきて、
やっと帰ってまいりました。
うちらも早く宣伝をできるように企画立てなきゃ。
その思いを強くして帰ってまいりました。

で、今日の昼間、とある高校の先生とお話をしてたんですが、
今の高校3年生がゆとり教育第一号の子どもたちなんですね。
その高校の先生は、はっきりとおっしゃってました。
明らかに基礎能力が低くて、その上におとなしいのだと。

以前なら、規則などにも反発する子や意見をいう子がいたけれど、
言われたことはきちんと守るんだそうです。
たとえば、ベルトは黒か茶色の無地しかダメと決まれば、
次の日からみんなそれに従ってくる。
いや、規則を守るのは大切ですけれど、
自分の頭でそのいい悪いを考えずに、無批判で受け入れるのは、
扱いやすいけれど、とっても危険ですよね。
考えることを面倒だと思っちゃったら恐ろしい。
考えることの面白さ、楽しさ、生きている実感。
自分らしさの表出は、自分で考えることではじめて出てくる。
「我思うゆえに我あり」ってね。

ところが、他人との軋轢から身を守るために
自己主張すらせず、従順に従う。あるいは、
他人との軋轢から身を守るために
自分の世界だけにとどまり、自分の創造したイメージの中だけで生きる。
引きこもり?

「自分で生きる力が失われてる」と、
その先生は言われましたが、へっ???
ゆとり教育って生きる力を育てるんじゃなかったっけ?
教育は蓄積だからなあ、時間がかかるからなあ。
生きる力、取り戻さなきゃね。

適度な期待で見たHEROSP

一応、HEROみました。
久しく利口に生きている人は変わってなかったですね。
こういうドラマってやっぱり、あの空気感がよかったんだよな。

期待してなかったから、たかちゃんの出番が
ほんのちょっぴりしかなかったけど、
ショックは受けなかったよ。待ってる間、長かったけど。
クリュウくんが城西支部に戻ってきたってことは、
今度こそ、続編期待できるかなあ。
最後の城西支部の面々は、さすが役者やねえ、
5年経っててもキャラが変わってなかった。
やっぱり、HEROは一人一人のキャラが立ってたのが
よかったんだよなあ。

雨宮は、ちょっと痩せちゃったか?
連ドラ時のHEROは、城西支部の超個性はな面々が、
次第に久利生くんを認めていくところに、
1話ずつのドラマをつなぐ芯があったのがよかったわけですが、
次に連ドラにするにしても、またSPをするにしても、
相当に強烈な共通の敵をつくってやるのがいいかな。

そうか、今回出てきた花岡さんとかいう代議士を
大ボスにして、最終回でそれをやっつけることにして、
それまでの1話ずつを花岡周辺の堀を埋めていくって
作業にしていけば、連ドラできるよね。
ついでに雨宮との恋愛もほんの少しだけ進展させて(*^^*)
ああ、楽しみだ・・・って妄想じゃん(^^;

で、今日のSPはイッコだけ言うと、
中井さんの激白。
私ね、もっと町の人の力を信じるべきだと思うよ。
この犯人の人。町を守りたい?傲慢な気がする。
それに、たばこのポイ捨て。
もし、犯人以外の人が普通にポイ捨てをしてても、
この犯人の人は、ポイ捨て人間を殺すのか?
クリュウくん、彼にも言ったげなよ。
あんたは間違ってるよ!って。

私も勇気を出していれば

先ほど、家に帰ってきて、録画していた
ブレイブストーリーの番宣をみました。
たかちゃんがインタビューに答えていて、
「舞台で、最初に出て行くときにとても勇気がいる」
って話をしてました。

私も今朝、勇気出して、傘をあげちゃえばよかったな。
動きが早いんだもん、思考がついていかない。
追いかけるのもなんだし、でもぬれまくってるし、
あれは、かなり濡れちゃったぞ。
バカだな、私は、その後、近所の店で遅い朝食を
とりながら、30分くらい後悔していた私。
いや、放心状態だったともいうかも(^^;

さて、昨日はメタルマクベスを観たわけですが、
そんなに私、辛口なこと言ってるかなあ、とへこんでみたり、
友達にお芝居のことで辛口なことを言われてへこんでみたり、
もちろん、友達もとても楽しんではくれたみたいですが。
まあ、私がへこむってことは、たかちゃんなんかは、
もっとへこむんだろうな。。。A型だしな。
どこで目にして耳にするかわからないから、
やっぱり、辛口っぽいことは言わないようにしようかとか、
思ってみたり。。。

でね、赤いミキマウスのトレーナー扱いされた赤いアロハですけどね。
あれは、ちゃんとコンセプトがあるんですよ。
で、マジで役に立つんですよ。

今回、私は二組の人たちをお芝居に誘ったわけです。
で、某彼女も某彼女も、2人ともちょっとボケてるんです。視野も狭いんです。
だから、赤い服だと目立つでしょ。迷子にならないでしょ。

実際にね、そのうち一人は幕間にトイレに要領悪く行っててですね。
2幕はじまるギリギリになって帰って来ました。
「あっ、帰って来た。間に合ってよかった」と思ってたら、
全然違う座席に向かったんです。でも、彼女は言ってたもんね、
席を間違ったけど、赤い服が見えたんですぐにわかったって。
ね、マジでボケた人と行動するときの生活の知恵なんですよ。

それから、昨日、ブレイブストーリーを豚の映画扱いした
もう一人の彼女は、今日も絶好調でしたね。
東急ハンズを待ち合わせにして、久しぶりの共通の知人と
お昼ごはんをともにしたんですが、ここでは、まともだったんですよ。
大学のときの後輩なんで、プライベートをよく知ってるわけじゃないんで、
共通の話題というと、こうなるのか、とは後で思いましたけど。
ランチの話題が、建築確認申請のあり方みたいな話なんですよ。
しゃべりながら、久しぶりに会って、自分らのことじゃないんだ、
って何かおもしろかった。

あっ、絶好調の彼女の話でしたね、話を戻してっと。
今日は万博公園に太陽の塔を見に行ったんですよ。
私は、去年たかちゃんが参加したライブで久しぶりに行った
ばかりだったんですけどね。太陽の塔はほんとカッコイイよね。

で、その万博公園でパットゴルフの無料体験をしました。
あんなに、普通にしかも何度も空振りをして絵になる人は
はじめてみました。いいなあ、天然であんなことができて。

しかもですね。黄色とピンクと白のボールを
人によって色を変えて使ってたわけですが、
彼女はピンクのボールの人なのに、私の黄色のボールを打とうとした。
いいなあ、あんなに天然にボケられる人。うらやましい。

ということで、非常に楽しかったのでした。

楽しくていっぱいいっぱい

観てきましたよ。私のラスト・マクベス。

たかちゃんは、門番たちの前で狂気で走り回るシーンで
勢い余ってこけてました。本当、危ないよね。
相変わらずこけ方は上手いんだけど、
ほんと、気をつけてね。

「小さい箱にしておけばよかった」のシーンは、
本当にたかちゃんの演技が上手い。
私の今日、一緒に行った人はこのシーンぼろ泣きしてました。

彼女が何かを感じられたのなら、一緒に行ってよかった。

そして、もう一組一緒に行った人たちの一人は、
「メタル」と新感線的音と光の洪水が度をすぎてて、
イマイチ受け付けなかったようでした。

ところで、この人たちの一人に
「ブレイブ・ストーリーも見てね。」と言ったところ、
「豚の映画だったっけ?」といわれ、ガックリ。
主役の声が松さんだって言ってるにも関わらずです。。。
「豚の声を担当してるって、おかしい」と言っておりました。

そして、3時間ほどたって、急に思いだしました。
ぶれイブ・・・ベイブ・・・ベイブじゃないんだよお。

彼女は、今日のメタマクの芝居でも、何か勘違いしてるところが
あったので、書こうと思ったけど、ものの見事に
忘れてしまいました。残念!!!

しかし、私買っちゃったよ。めがね。心斎橋あたりをうろうろしてて、
GLASS FACTORY を見つけ、その友達たちと入ってみちゃったのです。
たかちゃんのHEROのときのメガネがT-feelだったのは、今では
有名ですが、当時は「どこのだろう?」って話題だった。
そして、この店の名もあがってたんです。

まあ、かっこいいよ。あのメガネは。

そういえば、私の今日の格好は「赤いMiki Mouse」のトレーナー並みと
言われ、相当にショックな私。でも自業自得だわね。
普段、たかちゃんたち役者さんにエラソウにダメ出ししてるから。

でも、いいところも言ってるんだよお。
たとえば、出っ歯さんのスキップが好きとかね。

あっ、肝心の大阪マクベスですが、よかったですよ。すごく。
そして、新感線のお芝居というのは、あと数回のこの時期になっても、
変わり続けるんだと思いました。
細かいシーンはかなり変わってた。おおむね工夫される方向にね。
たかちゃんのセリフの言い方も変わってるところも結構ありました。

なので、これから複数回目観劇予定のみなさんも、
気を抜かずに観てくださいね。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © マツタコA All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。