スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本は法治国家なのだ

ただいまなのです。
本日は盛りだくさんで楽しいことがいっぱい。
だから、書きたいこともいっぱい。

昼ごはんくらいのときはね、
教育基本法の変更やら共謀罪やら、戦争という本丸に向かって
堀がどんどん埋められてるんじゃないって話を聞かされた。
戦争が誰にとっても不利益ならともかく、
それで個人的に儲かる人がいるんだよね。力のある人たちに。
それが、すごい危険。

確かにね、今はまだ制定前だから議論が可能。
だけど、法文というのはかなり様々な解釈の余地がある。
だから、いったん決まってしまうと、
その解釈は為政者によってコントロールされてしまう。
そう思うと、確かに戦争に向かって足固めがされていると
とれなくもないなと思いました。

夜は○○塾があって、その後、講師の人とスタッフ何人かで
お食事をしました。これがすごく楽しかった。
○○塾の講演もためになる話も多々あったんですが、
「縦割りと横割りと境界」の話なんかすごく面白かった。
まあ、それはまた話すとして、すごく簡単に言うと、
壁はいろいろあるわけです。それこそ、法律でいろいろ
縛られているからね。でもね、縛り自体は悪くはないんです。
融通を利かせる術を持てばいい。
それにはプロデュース方式で縦も横も見通せる人がいることが
一番効率的なんだろうな。
あっでも、言いたいのはそんなことではなくてですね。

話の主旨は「いろいろ問題はあるけれど、いいことなら、
ややこしいことはちょっと置いておいて、まずやろう!と。
まずくなったら、謝ればいいじゃん。
もし、それが本当にイイことなら、みんなが応援してくれる。
まちづくりだと、楽しくなって活気が出てきて、
それで一体誰が反対するの?」ってことでして、

要するにイイ既成事実をつくっていって、
応援してくれる味方をいっぱいつくって、
ちょっと時間はかかっても認めさせてしまおう。
って話だったような気がする。

この人、ものすごく面白くってね。
日本たきび学会とかつくってるし、
自分一人で家つくってるんだけど、その話はまた今度。

あっそうそう、浦屋家の古文書もやったので、
それも面白かったんだけど、これもまた今度にしよう。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © マツタコA All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。