スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢と愛のドラマ(長い長いサイゴンネタバレ)

単なるひとつの解釈にしかすぎませんが、
観てない人は決して読まないように。

「戦争のバカヤロー!
でもどんな時代でも夢を見続けることはできる
信じることのできる愛はある」
26日の自分の日記を読みながら考えた。

キムは戦争孤児(17歳だけど)。。。
でも死ぬことではなく生きることを選択した。
生きるために、身体を売ることを覚悟して、サイゴンへやってきた。
自分が生き延びるために。

当時のベトナムの人が何を思って生きていたかはわからない。
だけど、多くの人がアメリカ兵もべトコンも嫌いだったと思う。
キムは北と南の争いに翻弄されるサイゴンも嫌いだったと思う。
悪い思い出しかなかったら、そこから逃れたいと思うんじゃないかな。
キムはアメリカ人を信じてはいなかった。
キムにとってクリスは夢。サイゴンから連れ出してくれる人。
だから、結婚の儀式もままごと遊びじゃない。
トゥイはべトコン。夢じゃない。

クリスはキムを救い出したかった。
クリスもベトナムが嫌い。だけどベトナムにしか居場所がなかった。
クリスにとってキムは大嫌いなベトナムでみた「人の美しい心」。
彼の心は癒された。
キムを救い出すことで彼のベトナムも救われるはずだった。

だけど、神はそれを許しはしなかった。

このとき、キムは一度あきらめたんじゃないだろうか?
クリスは夢だったと。神は許さなかったと。
親は、先祖は許さなかったと。
だけど、タムに気づいた。
タムに気づいたとき、キムはきっと嬉しかったんだと思う。
クリスの愛を信じられる存在がタムだったんだと思う。
タムがいたから、キムは、またクリスを夢みた。
クリスがいつか自分とタムをサイゴンから連れ出してくれることを。
夢みつづけた。
だからブイドイであるタムを隠しながら生き延びてきた。

クリスは帰国後、彼のベトナムは救われぬまま悪夢となった。
時が彼を癒し、ベトナムを忘れることで、
彼はベトナムから救われようとしたと思う。
そして、エレンが彼を救った。心の奥底に悪夢を眠らせたままで。

トゥイはキムに執着してた。
トゥイは大嫌いなアメ公に敵であるアメリカにキムを盗られたことを
恨んでいた。彼はキムにおいて、アメリカに負けたから。
彼はベトコン。祖国ベトナムはすべてにおいてアメリカに負けてはいけない。
自分の婚約者が、売春婦となったことだけでも許せない。
でも、無理やり売春させられていたのなら少しは許せて、
彼は助け出しただろう。だけど、キムはベトコンを拒否した。
アメリカを選んだ。トゥイがこれを許せるはずがない。

サイゴンが陥落しベトコンが勝利したと思った彼は、キムを探した。
キムに自分の力を見せ付けるために。
キムに「私が間違っていました」と言わせるために。

そして、再び、キムはトゥイを拒否した。
キムには「クリスの夢」がまだ生きていたから。
キムにはタムがいたから。

だから、トゥイはキムではなくタムを殺そうとする。
タムはトゥイにとっては大嫌いなアメリカだったから。

わが子を殺されそうになったキムはわが子を守る。
もちろん、トゥイを殺したくはなかったと思う。
だけど、殺すしかなかった。

サイゴンにいられなくなったキムは、
タムに自由なる命をあげるために、
自ら積極的に、タムのためにクリスを探す決意をする。
それにはエンジニアが必要だった。
アメリカを夢みつづけるエンジニアならなんとかしてくれる。
そして、自らも混血であるエンジニアなら信用できると、
キムは思ったと思う。
私は思う。キムはクリスよりもずっとずっとタムを愛していたと。

クリスはキムが生きていることを知ってほっとしただろう。
彼のベトナムの良心がそこにあったから。
期せずして見捨ててしまった少女は生きていた。
彼は、ベトナムの悪夢から少し解放され、心の底から喜んだだろう。
だけど、子どもがいた。この時点で子どもに対する愛情はない。
あったのは義務と同情だけだろう。
クリスは、たとえキムに会っていたとしてもエレンを選ぶ。

キムに、やっと「クリスの夢」が実現する日がやってきた。
キムは、エンジニアもできれば一緒に行きたいと思っていたと思う。
でも、現実は違っていた。エレンがいた。
エレンの存在を知ったキムは、
「クリスの夢」に自分の居場所がないことを知る。
「クリスの夢」とは、クリスと一緒に生きることではなく、
サイゴンから連れ出してもらうこと。
もちろん、親子3人での生活を夢見ていただろうけれど。
でも、それが無理なら、せめて「タムを連れて行って」。

でも、エレンは拒否をした。「タムはいらない」と言った。
タムは「キムの悪夢」だから。タムはキムを思い出させるから。
だから、キムはクリスに賭けた。
クリスが自分を愛してくれた心を信じた。
自分がいなくなれば、クリスは必ずタムを連れて行く。

タムはキムが夢見た「クリスの夢」を実現するだろう。
母親の愛によって。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © マツタコA All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。