スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受け皿はどこにある

最近、子どもが被害者になる事件が増えている気がしませんか?
弱者である子どもが犯罪の対象とされるのは、
前からなのかも知れないけれど、私はここ数年が印象的。

昔は、子どもがいなくなったらせいぜい誘拐かな
って思う感じだったけど、今は違う。
殺されずに無事でいてくれることを願う。

そして、多くの場合、同じ地域に住んでいる人が、
犯罪者であったりする。みんな簡単に人を殺す。
場合によっては、よく見知っている人かも知れない。
そんなことをするとは思えない。
そういう人が、ためらいもなく人を殺す。

前にも書いたかな。2時間ドラマの殺人犯には、
ちゃんと特定のある人を殺す理由がある。
でも、今は殺せる人を殺す「理由なき殺人」
昔、「理由なき反抗」って映画があったね。
「理由なき反抗」は反抗にとどまらずに殺人に昇格した。
殺人は、昔は特別のことだったはず。
一線を越えなければできなかったはず。

だけど、今はブレーキがかからない。
ブレーキのかかる心のコントロールが必要なんじゃないのかな。

今度の彩香ちゃんのお母さんの件も、
まだ彼女がやったのかはわからないけれど、
自身の悲しみの処理の仕方がわからなかったんじゃないのかな。
昔がどうだったのかはわからないけれど、
今の世の中って、崩壊していく心を受け止めてくれる受け皿が
ないんじゃないのかな?

そういえば、マクベスとマクベス夫人も心が崩壊していく。
「結婚しよう」って言われて、
「いやよ、あなたも狂っているもの」と答える。
受け皿はどこにあるんだろう?
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © マツタコA All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。