スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出力のコントロール

昨日の辛口記事↓にコメントをいただきました。

ありがとうございます。
で、お返事書いてたら長くなったので、記事にしました。

「マツタコ」の意味って「力」抜けって意味なんですよ。
調子が出てくると、たか様は「力」が入りすぎちゃうから(^^;

たぶん、辛口になった一番の理由は「比較」だと思います。
最初に観た回のイメージが基準になって、それがつきまとってしまう。
こう来るだろうと思ってたところが予想に反して強いと
「おかしい」と思ってしまったんでしょうね。
原作があるものなんかも、原作から自分が持っているイメージと
違うと「できてない」ってことにしてしまいがちですよね。
作品や役へのもともとの解釈が伝える側とズレていたとしてもです。

私は5月27日マチネに見たとき「やりすぎ」「強すぎ」と感じて、
ソワレではそれほど感じなかったのは、そのあたりでしょうね。
そのときの日記にも書きましたが、「慣れた」ってことです。

今回は、たかちゃんの演技は本当に評判いいですよね。
私もたかちゃんの演技はすごくいいと思う。
あやこさんもおっしゃってて、みんなも言ってて、私も言ってるように、
人のいろんな面を落差をとてもつけて演じてくれてる。素晴らしいです。
今回の芝居は、その時、その時の感情がデフォルメされてるぐらいで
ちょうどいいのかもしれないですね。
みんなが誉めてるのも、惹きつけられる迫力、様々な役の演じ分け、
演技の基礎能力の高さ(口舌の良さや舞台での居方)といったところかな。

ただ、普通の人って、一つ一つの感情をつねに100%で
相手にぶつけるわけじゃないですよね。
同じ言葉でも80%ぐらいで見せたり、
逆に無感情に隠してるんだけど10%ぐらい見えてたり、
たかちゃんは、もともと高出力なので120%ぐらいある。
これが、常に常に、この高出力で来られると、
よく評される「一本調子」って言葉になるのかなと
そんな風に思ってます。
感情表現が一本調子ってことは、彼女にはあり得ないので、
とくに人間の感情の強さを表現する部分で、出力が
つねに高出力でつづいたときに、それが「迫力」と捉えられる場合と、
「一本調子で聴いててしんどい」と評されることになる場合と、
出てくるのかなと、そんな風に思いました。

出力のコントロールの術は、まだまだ学べるかも(^^;
気持ちが勝ちすぎると出力の調整が利かなくなるから。 Comments

はじめまして。 私、松さん苦手だったのですが、
メタルマクベスで、大好きな女優さんになりました。
一本調子とのお話もありますが、私は、観劇した4回とも
そのように思ったことはありません。 
受けの芝居が上手い内野さん相手だからかもしれませんが、
狂えば狂うほど、愛しくて悲しくて、マクベスを「愛の物語」
と思ったのは初めてです。 国王を殺した罪の意識も
あるでしょうが、愛する夫が破滅していく恐怖で狂っていく
夫人。特に愛する夫に「お前がけし掛けたからだ」と言われて、
今まで辛うじて持ちこたえていた精神のバランスが一気に崩れてしまう。 
私はあの場面で松さん、上手い!と思ってしまいました。 

もちろん、言ったことを後悔している内野さんの演技もですが
(すみません、内野ファンなもので(笑))
悪人夫婦のはずなのに、観客の多くが心を寄せてしまうのは、
二人の絆と愛がしっかり表現されていたからでしょう。
演じる内野さんと、松さんの間に役者としての信頼関係があったから、
お互いが崩れることなく
あの「凄まじい舞台」を創りあげたのだと、私は思っています。

commented by みはる posted at 2006/06/13 17:59


みはるさん、松さんを大好きになってくれてありがとう。
って、私がお礼をいう話ではないけれど、嬉しいです。
内野さんは、受けの芝居が上手いってのには、納得です。
今回、たかちゃんは内野さんと一緒に安心してお芝居してると思います。
松さんは、わりと相手役に左右される人な気がするんですよね。

「愛の物語」マクベスについては、私も書きたいな。
愛する人に言われた一言か、身につまされますなあ・・・
なるほどなあ、早くこのシーンのとこまで書きすすもう。

みはるさんの納得のできるコメントを読んで、
内野さんと松さんのことを記事に書き出したんですが、
夫婦のことに行き着く前に長文になったんで、
また、別の記事に書きますね。

また、いらしてくださいね、では(^^)ゞ
commented by U2tako posted at 2006/06/14 04:14
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © マツタコA All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。