スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑顔の殺意

久しぶりにたかちゃんの出てくるシーンのつづき。

《マホガニー城のシーン》
ランダムを追うように下手から入ってくる夫人。
この頃からランダムはマクベス内野と混乱しはじめる。
「あんな社長のもとでやってたんじゃあ」という
現代的なシチュエーションに置き換えられ、
マクベスにとって邪魔者である構図がわかりやすい。

「ローズ、君の言うとおりだった」
夫人はわけがわからない。ローズ???

夫人の心にあるのは、TOPに立つのがふさわしいランディを
王にしてあげたい! その気持ちだけ。

ランディはレスポール王以外にもたくさんの人を殺している。
彼らは、戦では平気で人を殺す。人を殺すことでのしあがる。
なぜ、レスポール王の殺害だけは狂うの?
良心の呵責? そんなもんあんのか。
話がズレそうだ。。。

夫人は「ずるむけ」を連発して、王の殺害をそそのかす。
「(殺人計画が)完璧すぎて涙が出そう」(全然完璧じゃないけど)
とやってるところへ王が戻ってくる。
上條さんいいよねえ、すごいカッコイイ。
夫人は戦やってないから殺人に実感がないんだろうなあ。

バレそうになった夫人は、このとき、
ランディを笑顔で突き飛ばし、王様に頭をグリグリ。
このシーンいいわ。勢いがすごく好き。

この後のシーンのランディを操り人形のように、
「笑いながら怒る人なんです」っていうのも
夫妻の呼吸がすごくあってて上手いなあって思う。

「まあ、大きくなられて、どうしましょう、こうしましょう」
とジュニアの髪の毛をわさわさやると、「抜け毛~」ってなる。
松本公演のときは、たしか顔をプニプニしてた。
この後、寝室へと向かうジュニアを追って行くシーン。
いろいろになるよね、
松本では「添い寝してあげましょう」だった。
東京来てからは、「毛づくろいしてあげましょう」
「隔世遺伝かも?」「隔世、隔世」
他にも、最後に「あなたもずるむけ」とか言ってたときもあったな。
「あなたもズラ」って言ってたときもあった。
「ウマイ!」って思わず思った。いつだったっけかな?
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © マツタコA All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。