スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考えることは面倒?

ただいまあ、7月末に古民家でのカフェをやるんですが、
今回は、AAFのイベントに入れてもらってるので、
その会議に子分Yと一緒に行ってきて、
やっと帰ってまいりました。
うちらも早く宣伝をできるように企画立てなきゃ。
その思いを強くして帰ってまいりました。

で、今日の昼間、とある高校の先生とお話をしてたんですが、
今の高校3年生がゆとり教育第一号の子どもたちなんですね。
その高校の先生は、はっきりとおっしゃってました。
明らかに基礎能力が低くて、その上におとなしいのだと。

以前なら、規則などにも反発する子や意見をいう子がいたけれど、
言われたことはきちんと守るんだそうです。
たとえば、ベルトは黒か茶色の無地しかダメと決まれば、
次の日からみんなそれに従ってくる。
いや、規則を守るのは大切ですけれど、
自分の頭でそのいい悪いを考えずに、無批判で受け入れるのは、
扱いやすいけれど、とっても危険ですよね。
考えることを面倒だと思っちゃったら恐ろしい。
考えることの面白さ、楽しさ、生きている実感。
自分らしさの表出は、自分で考えることではじめて出てくる。
「我思うゆえに我あり」ってね。

ところが、他人との軋轢から身を守るために
自己主張すらせず、従順に従う。あるいは、
他人との軋轢から身を守るために
自分の世界だけにとどまり、自分の創造したイメージの中だけで生きる。
引きこもり?

「自分で生きる力が失われてる」と、
その先生は言われましたが、へっ???
ゆとり教育って生きる力を育てるんじゃなかったっけ?
教育は蓄積だからなあ、時間がかかるからなあ。
生きる力、取り戻さなきゃね。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © マツタコA All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。