スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TB記事に刺激されて

トラックバックしてくださった記事が面白かった。
http://blog.livedoor.jp/kawase_oh/archives/50471899.html
小泉政権が郵政改革で国民の人気を得て、
農政改革には手をつけられないマユツバなら、
民主党は農政改革を旗印に国民の人気を勝ち取れば?
起死回生のチャンスかも ってのが
この方のおおまかな主張かなと思うのですが、

無理だと思う。国民は郵政改革には興味はない。なのに
小泉さんが人気者なのは、ただ「改革」とだけ叫ぶ小泉さんが
悪い奴らをやっつけてくれると期待しただけ。
それに目的だった「郵貯」は「わかりやすいお金」だもの。

小泉さんは、今までの利権はかなり壊したと思うよ。
だけど、小泉利権に変わっただけのような気がする。
簡単に言えば、自民党内の派閥争いにすぎない。

それに民主党が政権をとるのも無理だと思う。
前原さんが代表のとき、自民党と何が違うのかと言われ続けて、
私も差異が必要だと思ったけれど、差異をどの領域で持つかが問題。
政権をとろうとするのなら、自民党と同じ部分が多くても
何もおかしくはない。

民主党が二大政党の一方になるメリットが、
政権交代で利権政治や癒着をなくすことにあるんだとしたら、
民主党は政治信条が違うことを売りにするのではなくて、
クリーンであること、国民を向いていることを売りにすべき。

勝つためには、無党派層に民主党を支持してもらうのが
一つの手だけど、これは、前回は小泉さんにしてやられた。
本当に、勝つためには、自民党支持者を民主党支持者に
変えないとダメだと私は思う。

でも、自民党との癒着により恩恵を被っている支持者層を
崩すのはとっても難しい。
民主党の支持者層っては、自民党の癒着にNOは言いたいけれど、
外交などの政治信条がまったく異なる共産や社民を支持する
わけにもいかず・・・・そういう人かな。

菅・小沢対決なんてしてる場合じゃないんじゃない?
そもそも、永田問題ですごく冷たかった人たち、
「民主党の窮地を救うべく」がんばるって?
もっと早くにがんばってよ。仲間が困ってるときに
静観してたのは、仲間じゃない印象・・・
民主党はバラバラ、挙党一致がみられない。
これが露呈してしまったのが、
永田問題の最大の失点じゃないのかな?
 
癒着や利権によってどれだけ国民のお金が間違ったところに
流れているか、それを調査能力を高めて(←これが大事!)
暴き出し、本当に必要なところにお金が流れるようにする。
そういうお金の流れを変えることが民主党のすべきことであって、
私はそれなら大きい政府でもいいと思う。
小泉政権は、対立する派閥の利権は崩していったけど、
利権をつぶすことによって得られたお金は、
小さい政府を目指す中でどこへ行ったのか?
一般国民には流れず、小泉利権に流れただけ。
新しい勝ち組にそれは流れ、新たな勝ち組支持者層をつくる。

そのほうがね、烏合の衆である力のない一般国民相手にするより、
らくだよね、きっと。
利権をつぶすことによって得られるお金は、
本当にお金を必要としている人たちに流れなきゃ。
個人のジェット機なんか欲しいか?
いつだったか(たぶん去年)の幸せ度チェックで、
年収1400万円までは幸せ度が上がるけれど、
それ以上は、下がるって言ってた。

大きい政府でいいっていうのは、ちょっと言いすぎかも知れない。
たとえば、公営住宅を箱ものとして持って、管理をして、
それで、低所得者に対して、適度な家賃での住宅を保障するとか、
そういうことをしなくても、低所得者に対する家賃補助や、
民間の賃貸住宅を公的住宅として借用したり、
不足するタイプの住宅の供給を促進する政策を取ったり、
なんぼでも、フォローはできるわけで、
本当にお金を必要としている人たちに流れていたお金を
削減することが、小さい政府であってはいけないと思う。
まずは適正化、効率化こそが目指されるべきじゃないのかな?

今日はね、スローツーリズム、一応今日の会合で一端終了して、
今後どうするかを話し合ったんだけど、その話を書こうかなと
思ってたんだけど、TB記事に刺激されて、
こんなに長文に(^^;
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © マツタコA All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。