スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京の公園

12日は、11日の余韻を鼻歌にひきずりつつ、
目黒区にある駒場公園(旧前田公爵邸)と
新宿御苑(信州高遠藩主内藤氏の江戸屋敷跡)に行ってきました。
あちこち歩き回っていつも思うのは、
東京は都市型の大きな公園が多いこと。
大きな屋敷跡が多いんだよね。
地方の場合は、お城がその公園の役割を果たしている感じかな。
でも、お城の場合は、うまく市民の憩いの場として
機能していない場合もありますね。山城なんかだと敷居が高いし。
遠足ぐらいでしか行かないということも多々あり。

前田公爵っていうのは、加賀百万石の前田家の人です。
洋館と和館があって、普通はそういう場合は洋館が接客、
和館が日常生活、というのが多いんですが、海外に長くおられた
らしくて、どうも洋館の方に寝室や子ども室などの日常生活空間
もありました。もちろん、洋館にも接客空間はあるんですけど、
和館での外国人の接客もかなりあったようで、和館のつくりが
面白かったです。畳の部屋にシャンデリアなんです。しかも、
壁は土壁じゃなくて、シルクの壁紙。床の間もですよ。

それで、そんなに多くの人は観に来ないので、
洋館の2階の夫婦寝室に置かれていたソファーで
サイゴンの唄を復習しながら、くつろぎました。
和館の方は、庭に面しているので、縁側でくつろぎました。
「他人の前では寝転ばないでください」と張り紙がありました。
くつろげますよ。お近くの方は行ってみられては。
あっそうだ、前庭には水琴窟もあるらしいのですが、チェックし忘れました。今思い出した。残念。

新宿御苑は日曜日だからかな?、人がいっぱいでした。

それから、駒場には下北沢の駅から迷いながら行ったので、本多劇場とかスズナリとかを、こういうところかと思いながら通りすぎました。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © マツタコA All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。