スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ夢をみられたキム(サイゴンねたばれ)

私ね、ドリームランドのシーンはもっとよくなると思う。
キムは17才とか、年齢って関係ないと思う。
キムは、知らない間に婚約していて、
住んでいた村が焼けて、家が吹き飛ばされて、
炎に家族を焼かれて、顔のない親の死体を見た

そのときのキムの気持ちは私にはどうにも想像できない。
言葉で表すこともできない。
唖然としたのか、悲しかったのか、怒りが湧いてきたのか、
それとも、それとも、もう、慣れていたのか・・・

とにかくキムは生き残るためにサイゴンに来た。
自分のためにいてくれる誰かを心の底から望みながら。

♪17歳ではじめて、店に出るのよ、今日から、
・・・・
だけど、夢があるのよ。果てない夢が♪

ここで、夢があると歌いきってるように、
私は、キムははじめて店に出たときから、
夢を持って生きていこうとしていたんだと思う。
このときのキムには、誰も手を差し伸べてくれない。
手を差し伸べたエンジニアは、自分のため。
当然、お互いにそんなことはわかっている。
一人、孤独の淵にいるキム。誰も頼る人はない。

♪泣かない、考えない
抱かれて寝ようと、あたしはあげない
固く瞳を閉じている♪

キムは、覚悟を決めている。
夢のため、生きるため、
心は閉ざしたままで、身をゆだねる
だけど、自分に言い聞かせる。
泣きたいけれど、泣かない。泣かない。
考えれば辛くなるから、考えない。考えない。

♪・・・私のため、命賭けて、戦う人
私の夢、壊さないで・・・
映画のように、見せてよ夢♪

「君はこんなところにいてはいけない」
孤独で心を閉ざしたキムに同情の言葉をかけたクリス
クリスが放ったこの言葉は、キムのためというより、
半分以上は、自分のためだったろう。だけど、
キムにとっては、「自分を気にかけてくれた言葉」。

孤独の淵から救い、キムのために放たれた言葉

ジジたちとキムの違いは大きい。
おそらく、店にすでに何年かいたジジたちは、

♪あいつら口ばかり・・・映画は夢♪
♪金ならくれる・・・心はくれない♪

夢は現実ではなく、現実に自分を救ってくれる王子様が
現れるとは、もはや思えなくなっていたと思う。
GIたちは、サイゴンを逃れる、現実を逃れる道具と
みなすようになっていたと思う。
キムは、はじめての夜に、クリスの言葉を聞いた。
彼女は、まだ夢をみられた。

私は、悲惨な状況の中で夢を見られたキムは
たかちゃんにぴったりな役だと思うよ。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © マツタコA All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。