スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キムとクリスはラブラブ(サイゴンねたばれ)

別所さん、復帰おめでとう!
って最初に言わなけりゃいけないんだろうけど・・・
だって、たかちゃんたら、自分の持ってた投げる用のお花、
別所さんにあげちゃうんだよ。
なんか、すごくたかちゃんらしい気がした。
まあ、ファンたちはがっかりしたかも知れないけど、
私は、たかちゃんがそうしたいと思ったんなら、
たかちゃんから別所さんに渡って、客席へと投げられたお花。
受け取ってみたかったかな。倍の思いがこもってるもの。

さて、つまり、本日、別所さんの復帰公演観て来ました。
でも、ゴメン! 別所さん。
今日の公演は、私にとってキム・クリス・エレン・トゥイ
この4人以外は、ほとんど目に入らない感じでした。
それぐらいに、キムとクリスの関係、キムとトゥイの関係
キムとエレンの関係が、感動的だった。

ちょっと前までは、歌がどうのこうのと文句をつけがちな
わたくしでしたが、ハッキリ言って、歌が少々変であろうが
まったくどうでもいい感じで、感情のこもった芝居に
撃たれっぱなしでした。
芝居がね、さらっとじゃなくってトロっとした感じに思いました。
ここでいってる芝居ってのは、もちろん歌での表現含めてですよ。

しっかし、キムとクリスはらぶらぶじゃん。
(らぶらぶって言葉は死語らしい・・・某人に指摘されました)
傷をなめあうかのような二人に、悲惨な状況の中で愛を確かめあう二人に
サクソフォンの唄のとき、あの幸せな歌のときに私は涙を流してました。
でもって、トゥイも哀しみをたたえながらキムに惚れてるし。
(泉見トゥイについての前の日記の記述は変更しなきゃね)
エレンは、キムのクリスへの愛、タムへの愛に混乱してるし。

クリスはキムもエレンも二人とも愛していたんだね。
今日のクリスはタムを必ず幸せにしてくれるネ!
だから、不思議とラスト、キムがタムを託すところに
安心感が漂い、そんなキムへのキスに説得力がありました。
結局、クリスはキムを救い出せなかったけど、
タムを愛し、救うことで、
キムを救い出せなかった苦しみを超えていくと思う。
今日のキムは、クリスとタムに愛と命をあげられて
幸せだったかも知れない。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © マツタコA All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。