スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイル最初の印象

「オイル」観に行きました。野田さんの舞台をはじめて観ました。
私はNODA・MAPはもっと難しいのだとばかり思っていました。
でも、違ってました。エンターテイメントでした。
テーマは深いんだけど、演劇は軽い。

たかちゃんは(他キャストも)ものすごい運動量でした。
すごい汗。ちょっとびっくりしました。
体調悪いのかと思うぐらい・・・大丈夫だといいけど。とにかく、お疲れ様。

TOPが変わることで変節するDJが、あまりに現実的でわかりやすいのに比べ、
富士の復讐心は浅く、ヤマトの命への執着も薄い、それは夢であったがゆえか。
富士のトランスの程度も低い。それは真が嘘かあいまいであるがゆえか。

面白かったけれど、残念ながら作品に衝撃は受けませんでした。
今の時期、自分は今回の戦争に対してどう考えるのか、
多くの人が考えていたでしょう。
「オイル」で語られるものは、すでに現実の中で突きつけられていて、
自分の考えを「オイル」の中で復唱しつつ、観ていました。

おそらく、戦争について私と異なった見解を持つ人も、
その自分の考えを復唱しつつ観たのではないでしょうか。
すでに、考えていたことであったために、衝撃はすごく薄くなった。
けれど、劇を観終わった後の友人とのおしゃべりは、
いつしか、劇の内容を通り越して「戦争と平和」・・・
大げさなタイトル(^^;
いや、実は、友人とモメモメに話して、疲れました。
たった二人でも言葉で分かり合うのって本当に難しいっス。

その話は、また明日。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © マツタコA All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。