スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーカサスを観て・・・友の感想

さあてと、また友人にもらった感想をアップしますが、
今日は、わたくしは子ども教室だったんです。
先月よりはうまくいきましたよ。やっぱり場を乱す子は数人いたけど。
決まったことをやるより、自分のオリジナリティを生かすことの方が
楽しそうでした。どっちも必要なんでしょうけどね。
しかし、疲れた。。。。風邪引いてるときは睡眠が必要ですね。
終わってから今まで寝てました。でも、1000ページの本と昨日から格闘中で
ようやく、あと300ページなんで、今からがんばることにします。
(注意:もちろん全部読んでるわけじゃないですよ)

では、友人の「コーカサスの白墨の輪」の感想をどうぞ! --------------------------------------------
コーカサスを観て・・・
投稿者:tako 2005/02/21 10:22:39

感想としては、
舞台とか演出とか、変わっていたのは面白かったけど、
終わった後、とても大きな感動は感じなかったように思います。
(必ずしも悪い意味ではありません)
音楽は、とても好きな感じだったけど、
感動をかきたてるものではなかった。
演技(人の動き)は、楽器的な、チャカチャカした、
無意味そうな動きが多くて、美しいものではなかった。
不思議な民俗楽器や、道具や「肢体」や「喉」を使った音楽は、
コーカサスという場面の雰囲気を想像させるもので、
「目をつぶって」観劇したいと思った瞬間もありました。

今回の劇は、観客の参加を、意識的にさせようとしているんだろうけど、でも何故か、
劇の「場面の上の外」にぽつんと置かれ、
取り残されたような、客観的に見てしまうような時もありました。
舞台裏が丸見えで、
裁判官の椅子を高速でくるくる人が回したり、
立ち位置が90度づつ変わっていくのは、
「何だこれ? 何の意味があるの?」と考えていると、
うっかり感情移入し忘れたりしてました。

今回、観劇前も今も「ねたばれ」はまだ読んでなくて、
講演後にパンフレットを少し読んだんだけど、
パンフのブレヒト劇のところに、
「情感を盛り上げ、物語に共感させるための音楽ではなく、観客を乗せつつ、意識を覚醒させるための音楽」
だと書いてあり、
私の思った、「感動は多くなかったけど、
音楽にトリップさせられ、外に取り残された」
という感想が、腑に落ちた感じがしました。

演技ですごいと思ったのは、老婆でした。
老婆が突然若い娘に変わって語った場面は、
突然女神が老婆に降臨したような、
ちょっとしたショックを受けました。
老婆は、妻の人がやってたんだね。
パンフ見て知った。

最後の「子供を引けない」場面は、
有名なお話なんだよね?
ひょっとして、このブレヒトの作品が素で、
世間に言い伝えられている話だったの?
takoでも結末が想像できたので、
終わりかたは、拍子抜けでした。
最後、ほんの少ーしでも、
手を引いても良かったかも、と思った。

○さんも他の女の人も、歌声がとてもきれい。
○さんは特に、高音のやさしい感じが好きです。
演技は、はきはき、はっきり、きっちり、
しすぎのような気もしました。
他のメンバーに比べてね。

以上、素直な感想を述べさせていただきました。
批判ではありませんからね、念のため・・・。

-------------------------------------
追加
投稿者:tako 2005/02/21 11:27:27

かんりちゃんのネタバレをざっと見ました。

私が印象的だったせりふは、
最後の裁判のところで、裁判官が◎シャさんに言う、
「善?(正義?)の判決をしてもらうのに、
賄賂がいらないと思っているのか」
ていう感じのものです。

悪の判決に「賄賂」が必要なように、
善の判決にだって、
「賄賂(見返り)」はつきものなのかもね、
世の中では。

今回、私の新しい眼鏡の度が少し弱くて、
俳優さんの表情が見にくかったのが残念でした。

-----------------------------------------------
さらに・・・
投稿者:tako 2005/02/21 12:03:27


あれ? この劇、劇中劇だったんだ。
2重構造(2つの場面が交互に)だけじゃなく、
3重構造だったんだね。
てことは、最後のダンスは、
劇中の劇が終わった後のことだったんだー!
この認識は、かんりちゃんと同じだ。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © マツタコA All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。