スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くたくたした大根の煮物

わからないことって大事だよね。
わかってないことの自覚から、
わかろうとする、近づこうとする気持ちが生まれるから。

私、最初、朝比奈さんの横にいる毬谷さんは待機してるのかと
思ってたけど、そのうち、ふっと、「ああそうか!」
あれは、城の一角で知事はチェロを弾いて優雅な時間をすごし、
ナテラはゆったりとした時間の中で雑誌を読んでるシーンを
演じてるんだって、思ったり気づくんですよね。
もちろん、気づいたのは2回目の観劇以降ですよ。
全体像が見えてくると、細部の意味が見えてくるんですよね。
そして、細部の意味が見えてくると、全体から伝わってくるものも
どんどんと増していく。面白いね、わからないことって。

「コーカサスの白墨の輪」でグルシャが手を引かないのは
ほとんどの人が「えっ?」と驚く。「何でだ?」って思う。
この「何でだ?」って思わせる効果は絶大だなあ。


最後の歌、こんなんだったけかな?

「戦繰り返し~世界は裏返し~♪
豊かなものは闇に消え、貧しきもの笑う♪
だからもう2度と目を覚ますな妹よ~♪
だからナイフを握り締め、眠れ弟よ~♪」

眠れって言ってる。。。妹にも弟にも。
安寧は、眠りによってしかもたらされないのかな。

あとね、
お城が燃えるシーンでちょっと臭くなるよね。
私はあれがちょっと好きだったりします。

この舞台、音楽劇だから音はすごい。盛りだくさん。
でもって、振動もすごい。臭いもすごい。
それに、照明を使ってエリアを区切るじゃないですか、
明暗だけで場をつくってしまうってのもすごい。
木の棒でエリアを区切るよりも効果は絶大だと思う。

円形っていうのも、面白いね。
行っても行っても果てがない。
中に入るか、外に出るか。
ステージへの入って来方もすごいよね。
円の中にポンっと入るだけで、一瞬にしてグルシャになる。
あの控えてるときの空気、すごい好き。

この、だらだらと脈絡のない感じ。
今の私はこんな気分です。
いま、人にもらった大根の煮たやつ食べてるからかな。
くたくたした感じです。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © マツタコA All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。