スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月1日衣替え

今日は6月1日。衣替えですね。
クールビズで、省庁なんかでもノーネクタイで軽装の
人々がおしゃれを競ってたようですが。。。
小泉さんも不思議な服着てたね。
そういえば、小泉さんは靖国神社への参拝って総理大臣になる前には行ってなかったんだね。
やっぱり完璧に政治利用してるんだ。

話を若干もどしてっと。
ちょっと、時代に逆行しちゃいますが、
今日はあまりに蒸し暑かったので、
エアコンをかけました。夕方には切りましたけどね。
いよいよ、暑い季節がやってきますね。
ちなみに、私は服装は普段は軽い感じで(^^;
大事なときだけ、まともな服着てます。

ところでですね、今日は東京で小さな地震がいっぱい
あったみたいですね。
先日は、東京らへんにいる友達が地震雲を見たみたいだし・・・
GWに聞いた話では、5月4~6日くらいに東京方面で大地震が
あると占い?みたいなんで言ってたらしいんですよね。
そのときにはなかったから、それが一ヶ月ズレたとも考えられるし。
怖い話だ・・・地震に備えておいたほうが良さそうですね。

私も6月4日には「ラ・マンチャの男」の初日に行きます。
地震来るかなあ。なんか、何日も前からTV局では
地震対策チームなるものがあるらしいし。
そういえば、神戸の地震の時は前日は空が真っ赤だったらしい。

今日は、らしい、らしい、を連発する地震話でした。
Comments

いつも興味深く拝見している一読者です。今日は地震についての話題に一言だけ個人的に意見を書かせてください・・・。科学的データに基づく公式発表ではなく個人の「日記」なのだから、個人的な独り言に何を書いてもOK、ただそれを他の方に覗いてもらってもいいようにしているだけとのお考えもあるでしょう。しかしネットは誰がどんな状況でみるか分かりません。ぱっと「地震」というキーワードだけをみて早合点しパニックになる方がいないとも言い切れません。個人同士でやりとりするメールならばまだしも、サイト、それも検索でヒットし、かつ特にユーザー登録など不要で自由に閲覧できるサイトですから、そこでの発言は広く世界に公開するようなものです。
誰もが潜在的に不安に思っていることに関しては、予想を越える勢いで情報がどんどん広がるものです。舞台についての意見や批評であればまだしも、地震など甚大な被害につながる災害(既に発生したことについてではなく、これから起こるかも?ということは特に)、かつ人間の力では完全に防ぐことのできないようなことについては、不正確な情報に基づく憶測?をネット上にアップされないほうが・・・。(もちろん、不測の事態に備えるに越したことはありません)実際そこにお住まいの方などに、必要以上に不安をあおることにもなりかねません。もしそのエリアの方に注意を呼びかける意図で書かれたのであれば、それを文章から読み取れなかった私の至らなさでお詫びいたしますが・・・必ずしもそこまでのことでないならば、「地震が来る?じゃあどうすればよいの?」と不安を掻きたて反発されかねないのではないでしょうか。。。
噂話が広がりデマ・流言飛語が社会的に大きな騒動につながった例が、過去にもずいぶんありましたし(激甚災害、金融不安、オイルショックなどなど。)。情報発信者が大きなメディアに限られた時代は、「報道の自由」と同時に「報道の責任、倫理」がありましたが、個人が自由に情報を発信できる現在、その内容には1人1人注意が必要と思います。
また、これはちょっと違うことですが、個人情報についても、内容で個人を特定できる情報を使用するには本人の許諾が必要、となりましたし、これも慎重さが必要です。自分自身のことを自分で公開するのは問題ありませんが・・・私自身、サイトを開いており、その点は注意している点です。以上、つらつらと書いてしまいました。もし表現に失礼がございましたらお詫び申し上げます。では、失礼いたします。

commented by posted at 2005/06/02 10:37

コメントありがとうございます。
「日記」だから何を書いてもOKとは思っていませんが、
毎日、一方的に日記を書いていると、ついつい気がゆるみがちになって
他の方がどういう状況で読まれているかを忘れがちになりますから、
それを思い起こさせてくださる意見に対しては感謝します。

私の聞いているところでは、
南海地震は私が生きている間には起こるだろうと言われていて、
南海地震が起こる前に東海地震や関東の方で地震が起こるらしいです。
ですから、このことに対する不安はあります(常時ではありませんが)。
そして、忘れがちだけれど、地震に対する備えは必要だとも
思っています。なかなかちゃんと対策はできていませんが。

さて、ご忠告いただいたコメント
「不正確な情報に基づく憶測?をネット上にアップされないほうが・・・」
小規模地震+地震雲+はずれた占い(+TV局の地震対策チーム)から、
「(地震が来るかも知れないから)地震に備えておいたほうが良さそう」と
私が書いたことについてですよね。

私の考えを先に申し上げておくと、
「地震が起こるらしい」という憶測は言ってないので、
個人的には問題はないかと思っています。
「地震に備えておいたほうが良さそう」は
(地震が来るかも知れない)という私の推測が前提ですが、
私の書き込みから「地震が起こるらしい」と誤解する人は
まずいないだろうと思っています。

(地震が来るかも知れない)は、不正確な情報に基づく憶測か?
という点ですが、

「はずれた占い」は占いです。
「小規模地震」ニュースにも出ている事実です。
「地震雲」は、実際に私が見たわけではありませんが、
友達が見たという事実です。
「TV局の地震対策チーム」は伝聞です。

占い以外の情報は私の判断で正確だと思っています。
ただし、私の判断を押し付けるつもりはなく、
それぞれがどのような情報であるかは、
本文中に書いた書き込みから明らかだと思います。

ですから、それをどう判断するかは、
私は読まれる方に任されるのだと思います。
「小規模地震があったらしい」
「地震雲が発生したらしい」
「5月初めに地震があるという占いがあったらしい」
「TV局に地震対策チームが出来ているらしい」
と思われる方はいらっしゃると思いますが、
その情報の信憑性を読者が判断するだけの背景を与えて書いているつもりです。

ただ、やはり誤解されてはという思いもあったので、
あえて、最後に「らしい」という言葉を使い、
「伝聞の話」もあるけれど「地震に備えておいた方が良さそう」だ、
としめくくったのですが。

伝聞であることを強調したために、かえって
不正確な情報で書いていると思われたようですね。

ただ、「実際そこにお住まいの方などに、必要以上に不安をあおることにもなりかねません。」というこのご指摘は確かに東京から遠く離れている私と、そのあたりにお住まいの方とで温度差があったかもと反省しています。私が考えていた以上に不安があるからこそのコメントなのだろうと思いました。

個人情報についてはおっしゃる通りで、気をつけないといけませんね。
うちの職場でも不都合のないよういろいろと気を配るようになりました。
ここに載せる個人の話も、私のことを直接に知らない人ならば、
特定はできないだろうという範囲で、これまでは書いてきましたが、
さらに注意が必要ですね、これは、今後は何も書けなくなるかも知れません。

以上、コメントへのお返事として、自分の考えを書き連ねてみましたが、
こちらこそ、もし不適切な表現あるいは誤解がありましたらお詫びします。
こうしてご意見をいただけることは、自分の考えを見直すいい機会になります。
「あなたの考えは甘いのでは」というご意見でも結構ですので、
いつでもご意見をお待ちしています。
commented by マツタコ管理人 posted at 2005/06/02 21:15



早速のコメントをいただき、ありがとうございました。
普段の日記から、いつも様々なことを考えておられるなぁ、ある時は目からうろこで「へぇ」と驚嘆し、ある時はまた「そうそう、それが言いたかった」と共感し、と楽しく読ませていただいております。
自分自身、ささやかな個人サイトを持っていることもあり、「情報」の書き方、伝え方には特に気をつけています。(それでも時々失敗しますが・・・苦笑)
書き手としては相手を刺激したり責めたり、決してそんな意図は毛頭ないのに、受け手の置かれた状況次第でそれが様々な受け取られ方をされるのが、コワイところだと痛感しています。電話や直接の会話と違い、いくらかはタイムラグの生じるネットのサイト(含ブログ)ではなおさらです。常に相手のことを考え、自分がその立場だったらどう感じるか、頭の片隅に置くようにはしていますが、最初から相手を限定できる場合は別として、広くオープンにする時には、あらゆるケースを考えて、文章を1度書いてから、ちょっと時間をおいて自分をクールダウンしてから見直すようにしています。(書いているうちにヒートアップしたりすることってありますね。夜中に勢いに任せて書いたラブレターも、翌朝見ると<情熱的すぎて>恥ずかしい、というやつです。。。)
特に、個人のプライバシーや人の生き死にに関わる内容については、より一層注意が必要だと思います。先日の列車事故についての報道なども、世の中の所詮他人事、という方にとっては純粋に好奇心などで知りたいと思いますが、実際に家族や知り合いのなかに被害にあわれた方などにとっては、当事者としてどうしても関連情報にナーバスになり、過敏反応(これも適切ではないかもしれませんが)をすることもあると思います。ドラマの「白い巨塔」などにしても、フィクションとはわかっていながら、身内に闘病中の方がおられたりしたら・・・(実は私もその前に肉親を若くして亡くしておりました。もしその期間だったらドラマは正視できなかったと思います。)先日お書きになった「親の死に目」についての回、実際に身近でそういった状況にあったかどうかで感じ方は違うと思いました。もちろん一切他意がないことは頭ではよく理解しながらも、やはり心のどこかで引っかかり・・・続いて数日を置かず「地震」についてのお話がございましたので・・・、たいへんご無礼と承知しながら、あくまでも個人的な想いとしてつらつらと書かせていただいた次第です。
また、個人情報に関してですが、観光地に住む知り合いがWebカメラを設置してサイトで公開したところ、ある紳士がえらい剣幕で怒鳴り込んできたそうです。かの紳士、「不適切な関係」の女性と観光中のところがカメラに映り、それを奥様に見られてトラブルになったとか。いやはや、何があるか分からないものです。ちなみに友人はそれからカメラのアングルを変更し、顔が映らない、個人が特定できないよう配慮をしたそうです。
いずれにせよ、幅広くいろいろなテーマについて書かれた「日記」、新聞の「天○人語」等同様、これからも楽しみにしています。では、失礼いたします。ありがとうございました。

commented by posted at 2005/06/03 13:05
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © マツタコA All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。