スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過保護

サッカー、ワールドカップ出場決定おめでと!
宮本恒靖ってカッコいいね。
なんとなく江口さんに似てる感じ。

今日は、あるプロジェクトの打ち合わせがあったんですが、
私はどこまで関わろうか、主導しようか迷うところです。
今度の打ち合わせは、はずれて任してしまおうか・・・
今日も出席はしたけど、極力意見を言わずにいたんだけど、
やっぱり、いるだけで、どこかで他の人たちが
ヒトゴトな居方をしてるんだよね。

先日、そのプロジェクトとはまったく関係のない人と
話をしたときに、その人が言ってたんだけど、
最近の若い社員は、会社の先輩や上司に飲みに行こうと
誘われようが、簡単に断るんだそうです。
「自分は今日は用事があるので」って言って。

きちんと一人一人が確立していることは悪いことではないし、
誰かのいいなりになる必要もまったくないけれど、
おそらく彼らはなぜ誘われたのかを考えようとしていない。

その人曰く、「最近は、会社では先輩や上司が、
新入社員がストレスを感じないで仕事をできるように、
仕事の環境に慣れさせるために、すごく気をつかっている」
これを聞いたときに、思った。

『ずいぶん、過保護になったもんだな』って。

他人が気持ちよくいられるように、他人を傷つけないために、
十分な配慮をすることは、大切なことだと思います。
自分を守るためにもトラブルの種は摘んでおく方がいい。
でも、それはある意味過保護ですよね。
なんでも大人が判断して、たとえば、道に石があったら
つまずいてこけないように、のけてあげて・・・
ってなことをしていたら、その人は何も判断しなくなってしまう。

高齢者がこけたら危ないからと、歩かしてもらえなくなったら、
本当に歩けなくなってしまうのと一緒だと思うんですよ。
能力は使わなくなれば退化する。

あらゆるところでカバーを知らない間にしてきてもらったために
目の前で起こる障害や問題に対して、
自ら考え、判断する訓練が不足しがちになってるんじゃ
ないでしょうか?

気をつかってあげることは決して悪いことではない。
だけど、甘やかしすぎは、胆力のない人を増やすだけ。
自分で責任を持ってやらないといけない領域をつくっていって、
若い人にも、発言にも行動にも責任をもって
自らの判断でやってもらわないとね。

まあ、そういう環境をつくってあげようと
すること自体が、過保護なんですけどね(^^;
しかも、本人たちは決して気付いていないし。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © マツタコA All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。