スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まっつんのアルドンサ好きだよ

まっつんのアルドンサは私の思っていたアルドンサとちょっと違っていた。
私の思っていたアルドンサは、なんか、もっと世の中にすねてて、
イライラした感じなのかと思ってた。
3年前に観た「ラ・マンチャ」しか知識がない ので、
いい加減な思い込みアルドンサなんですけどね。
でも、なんとなくそう思ってた。
自分の境遇にイライラしてる感じかなって。

でも、まっつんのアルドンサは突っ張ってるんだけど、
どこかまっすぐな感じがする。
強がってるんだけど、どこか弱さや可愛さが見え隠れする。
そして、なんだか優しい。

お馬の大将とロバのちび助とのシーン、サンチョとの親書のシーン、
(実はこの2シーンは、もちっと面白くなるんじゃないかなと思ってはいますが)
ペドロに「違うんだよ」って言うシーン
ラバ追いたちをやっつけて、「勝った」っていうシーン、
「憂い顔の騎士」を唄いながらサンチョと行進するシーン、
好きなシーンがいっぱいです。

まっつんのアルドンサ、とっても好きです。

アブダクションは、実はスポーツみたいになったらどうしようって、
いらぬ心配をしていたのです。でも、本当にいらぬ心配でした。
ごめんなさいm(__)m 

そのアブダクションのあと、
アルドンサが「あたいの名前はアルドンサなんだよ」って唄うシーンから、
そのあとのアロンソ・キハーナの寝室のシーンまでアルドンサは出てこない。
そして、キハーナの寝室に登場したアルドンサは180度変わっている。
ところがちっとも不自然じゃない。これってすごいよね。
なんで、アルドンサは変わったのかの説明は一切この間にないのに、
不思議と納得させられる。それまでの背景があるとはいえ、
すごいことです。素晴らしい。

さて、また25日にまっつんのアルドンサに会えるのが楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © マツタコA All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。