スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長~い道のりなんだろうなあ

Person話「松のひとりごと」のことを。
昼ご飯食べながら、読んでたんですけど。
途中で、涙がでてきて、なんかいろいろ考えちゃって、
食べる手がとまっちゃって。結局、時間切れで、
ご飯、半分くらいしか食べれませんでした。

読みながら、再び「みんな違ってみんないい」って言葉を
思い出してました。
松アルドンサであることができるのは、
これまでの女優さんたちのアルドンサがあってこそ!
『他人を尊重』できるからこそ、『自分も在る』ことができるんですよね。
違うアルドンサであるからこそ、松アルドンサである意味があるんですよね。

ちょっと、アルドンサからはずれますが、
「みんな違ってみんないい」んだから、他人を否定してはいけないですよね。
自分と違う他人を受け入れることができて、はじめて自分も
他の人に受け入れてもらえるんだもの。
何かを本当に伝えたいのなら、聞く耳を持ってもらうことが大切なんじゃないかな。

「あるべき姿のために戦う」
「戦う」ってのは攻撃をすることではなくて、伝えることだと思います。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © マツタコA All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。