スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観つづけます「最後の女」

すっかり、ドン・キホーテそのものの幸四郎さんはおいておいて、
松さんのアルドンサ、いいですよね~。私は好きです。
松さんってイメージとしては、やっぱりドルシネアなんですよね。
でも、アルドンサも本当はドルシネア!
アルドンサは仮面をつけた姿であって、中身は本当はドルシネア!
もちろん、松さんの演じるアルドンサにもちゃんと仮面はついてます。
でも、その仮面の厚みが人生経験なのかな。

あまりに薄い仮面だと、後半にドルシネアに劇的に変わるときの感動が薄くなるし
かといって、あまりにも厚い仮面だと、なぜ変わることができたのか納得ができなくなる。
幸四郎ドン・キホーテの「最後の女」となるであろう松さんは、
必ずや、次回には、違う仮面をつけたアルドンサを見せてくれると思います。

幸四郎さんが33年間の1000回の月日でドン・キホーテとともに成長し、
あるべき姿を追い求め続けてきたように、
高麗屋の血を受け継ぐ松さんもアルドンサとともに成長してくれるはず。
だから、私は、これからも「ラ・マンチャの男」を観つづけます。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © マツタコA All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。