スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目標を立てなさい・・・・・?

今日は会食があっていろんな人のお話が聞けました。
つい先日だんな様を亡くされた方もいて、
私、そういうときってどう声をかけたらいいのかわからないんですよね。
みんな、普通に「ご愁傷様です。」って声をかけるけど、
私には絶対にわからないであろうその人の悲しみを思うと、
どんな言葉も空虚な感じで、声をかけられなくなるんです。
「ご愁傷さま」でいいのは、十分に理解してるんですけどね。

また、別の人の話ですが、この4月にある先輩が尋ねて来たんだそうです。
その先輩は阪神大震災を契機に、経営していた設計事務所をたたんで、
ボランティアで建築に関わるようになった人らしいです。
まあ、奥さんに食べさせてもらえるという贅沢な方ではあるんですが。
その先輩に出会ったのを契機に、その方は50代半ばにして
新入社員と同じように一からやり直すといって、経営されていた事務所を
たたみ、新しい会社に飛び込んでおられました。
5時から9時までの勤務らしいですけど、生き生きとして実に楽しそうでした。
その中での話。社員は全員、30年後の自分をイメージして
目標をたてさせるそうです。1年後、5年後、10年後、20年後の自分。
目標をたてて、そのために計画的に実行するっていうのは、いいことでしょう。
目標が大きければ大きいほど、このときまでに何をやっておかなければならない
というノルマはきつくなる。ボーっとしてれば、蓄積のないまま、
5年10年はあっというまに過ぎますから。
100人のうちの3人ほどの成功者は、そうやってビジョンをたてて、
成功してるとも言ってました。

でも、私向きじゃないな。
学生の頃に先生が言っていました。「凡人は夢を忘れてしまう」
夢を追い続けるということは、すべてがその夢に向かって
結実していくことだと思います。それは目標をたてて計画を実行することと一緒。
「目標を立てなさい」と言われて、何人の人が本当にやりたいことを想起できるのか。
本当にやりたいことを見つけることの方がはるかに難しい。
それが、あれば後はそのために、計画なんか立てなくても進み続けるよ。
むしろ、計画的な実行というのは、枠を決めることにしかならない。
いつしか、目標を達成することが目標になってしまい、何をしたいのかがわからなくなる。
目標達成が目標になるは、組織のコマである場合には、かなりの力を組織に与えると思う。
だから、ある組織がその組織の全体力をあげるためにそれを使うのは効果的だと思う。
だけど、人から「夢を持ちなさい」と言われて、考えた夢では、何の力もない。

スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © マツタコA All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。