スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憲法の改正

憲法9条の本来持つ精神は世界平和です。
一国のみの平和ではなく、武力によらない世界平和です。

何度か書いたと思いますが、
世の中に武力がある限り、自分のしたいようにするために、
それを使う人や国が必ずある。当然のことながら、
もし9条が改正されたとしても、侵略戦争は否定されるでしょう。

テロ支援国家への攻撃は、報復戦争、先取防衛と言えるかもしれませんが、
先の米国のイラクへの攻撃は、広義の侵略戦争と言ってもよいかもしれない。

だから、問題は2つある。
1つ目は、戦争を「仕掛けて」いい理由なんてないこと、
それを国際社会という米国主導社会で、きちんと主張できる日本であれるかということ。
おそらく、今、改正すれば、米国に言われたときに軍隊を出しやすくする改正になる。
2つ目は、独立国家である日本を守る権利はあるということ、
日本が敵対する国から攻撃をされたら、自国を守るために、
武力を行使することができるようにすること。

2つ目は、すでに自衛隊を持っている時点で、許されていることなのですが、
憲法に自衛隊の位置づけを明記することが、ひとつの議論になるでしょう。
おそらく半分くらいの人は、この点の改正は認めるんじゃないでしょうか?
それから、同盟関係にある国も守るとすると、集団自衛権を認めることになる。
この点については、アメリカ主導となることが否めないけれど、
何かあったらアメリカさん助けてね、でもアメリカさんに何かあっても助けないわよ。
こんな虫のいい話はないでしょ。

とすると、憲法改正は、
自衛隊を自国の防衛のために使えると憲法に明記したら、
なし崩しに、集団自衛権を認め、アメリカの言いなりになって、
1つ目の「仕掛ける戦争」に協力することにもなりかねない。

だから、憲法9条が、国家間の対立が存在する現実に会わない
理想憲法だとしても、改正後の9条をそれこそ現実に運用する時、
日本は、戦争をする国になってしまう。そんな気がします。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © マツタコA All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。