スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クドカンサン

しかし、クドカンってのはすごいね。
マクベスが面白かったもの。
終わり方に若干の中途半端感は残るけれども、
燃えきらなくて残ってしまうマッチ棒みたいなのが
彼の持ち味なのかも知れないなとも思ってみたり。。。

歌詞がすごくヘヴィメタサウンドに乗っかってる
感じがするんですよね。でも、前にも書いたけど、
あれ、ヘヴィメタってこんなんだっけ?
っていう、演歌っぽいっていうより、
歌謡曲っぽい感じの歌になってるんですよね。
これは、クドカンの歌詞のゆえなのかな?

以下、少し歌詞の【ネタバレ】します。
わりと頭に残る歌詞って繰り返されるフレーズなんだよね。
たとえば、「ミミガー、ミミガー、ミミガー♪」とか、
「殺意、殺意、殺意」「失意、失意、失意」「王位、王位、王位」
とかね。
歌の歌詞ってそんなにいっぱいの情報量はいらないのかも知れないね。
「殺意・失意・王位」これだけでも、勝手にストーリーつくれるしね。
ちなみに、今の私の鼻歌ソングは「殺意♪失意♪王位♪」、これです。
他者が通りすがりに聞くと、何気に怖いかも(^^;

それと逆説「きれいは汚い、ただし俺以外!」
でも、ここの歌詞は「俺以外」ってのが私は好きだけどね。

で、観劇後みんなでだべってた時に出た話題にも出てて、
パンフだったか雑誌だったかに書いてあるらしい歌詞。
「明けない夜は長い(繰り返し)・・・明けない夜はない!」

この繰り返し&最後の逆説。
私、初日にこれを聴いてて、最後の「明けない夜はない」で、
ふと耳が止まったんだよね。「あれ?」って。これぞ異化効果?
この「アレ?」って思うことで、ノリだけで聞き流してた言葉が、
突如、意味を持つことってあるよね。
アレ?最後は「明けない夜はナイ」なんだ。。。

後で、パンフだったか雑誌を読んだらこのセリフ。
松岡先生のこだわりのセリフらしい。
クドカンってたぶん直観タイプだよね。
それと、こだわりの薄いマニアック(コレ最強)。
全部、自分のもんにできるし、全部捨てることもできるって感じ。
もっとも、私はクドカンを今回のお芝居でしか知りませんけど(^^;

クドカンはすごいな。大人計画の芝居を観たら、
今回の芝居のすごさ、○×△×□という掛け合わせのすごさを
もっと実感できるのかも知れないな。

この芝居の中で随所に登場する過去の遺物へのオマージュ。
すでにあるものを大事にしつつ「ぶっ壊す」創造者たち。
すでにスタイルのある○や△や□を理解している方が
きっとすごさを実感できる。

私はどれもよくは知らない。。。かろうじて新感線の芝居を3本程度。
マクベスの原作だけは読もう。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © マツタコA All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。