スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意味不明の感動

ラ・マンチャの男って、意味わかんないけど感動します!
ちょっと飲み食い&おしゃべりをしてたら、遅くなっちゃって
今さっき、ホテルに帰ってきました。

博多座の新生ラ・マンチャの男!
その初日、ものすごく楽しかったです。
そして、なぜか涙が何度も(;;)

「ラ・マンチャの男」は1999年以来、2度目の観劇だったのですが、
こんなに面白い話だったのですね。
私は前回、一体何を観てたのでしょう(^^;
というぐらい今回は面白かったのです。

なぜか、幸四郎さんが出てくるととたんに面白くなります。
やっぱり、幸四郎さんはスゴイっていうのが一番目の感想ですね。
「見果てぬ夢」が最初に歌われる頃から、何度涙したことか。
でも、悲しいという感情とは違う涙なんですよね。

それと、「ラ・マンチャの男」はミュージカルだったんだと再確認!
歌は、本当にどれもすばらしかったです。
幸四郎さんはドン・キホーテそのもの。

松さんのアルドンサが歌う歌はどれも素晴らしかったです。
とくに、途中のアルドンサが激しく歌うシーンはすごくよかった。
それと最後のアルドンサの「見果てぬ夢」もキレイだった。
松さんは本当に澄んだいい声をしています。

でも、この2曲はきっともっとよくなります。
きっと東京での千穐楽はもっとキレイになる。。。と思います。
個人的には、前半のアルドンサはもっとボロボロ雑巾でいて欲しいかな。
あと、紀保ちゃん、ちょっと声の調子が悪かったみたいですが、
アントニアのずるい感じがよくわかりました。

それと、初日からカーテンコール(というのかどうかはわからないですが)、
何回あったんだろう?幸四郎さんには「見果てぬ夢」英語バージョンも
歌っていただけて、大感激でした。
かなりオールスタンディングだったんじゃないかな。

それにしても、松さん、今回かなり激しく動くので、大変だと思います。
今日は、疲れてぐったりかなあ。それとも興奮して眠れないかなあ。
明日もがんばってね。

「ラ・マンチャの男」本当に何度も観に行きたいと思わされました。
いまいち、話の内容はわかんないんですけど面白いし、感動する。
素敵な舞台でした。これからの長丁場がんばってね。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © マツタコA All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。