スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淡々とした映像

いま、第二次世界大戦の特集のテレビを観てます。
カメラマンが撮影した実際の記録映像。
ニュース映像は都合よく編集されますが、
記録映像は驚くほど戦争の日常を見せます。
淡々とした映像ほど事実を突きつけるものはないですね。
弾にあたって人が簡単に死ぬ。市街戦では市民も巻き添えになる。

解放軍がやってきたときの映像でのそれを撮った人のコメントが面白かった。
映像が解放感に欠けるので「やってくる兵士にキスをして抱きついてくれ」と町の娘たちに頼んだのだそうです。そういう映像になってました。それで解放感に満ちた映像になったのだそうです。

少し前に読んだベトナムの本にも、ベトナム戦争に行った日本人のジャーナリストたちが簡単に殺害された話が乗ってました。ジャーナリストたちはサイゴン政府側だったので、北ベトナムの共産党が彼らを殺害するのも戦争ということで仕方がないかもしれませんが、アンコールワットを守りたい一心で行った人も現地の民間人に殺されました。

イラク人質事件に、改めて平和ぼけニッポンを感じました。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © マツタコA All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。